小目のケイマジマリ布石(1)

従来戦術の再評価

囲碁AIの評価により、打ち方や考え方が飛躍的に進化し続けている時代。
そんな中、絶芸が小目のケイマジマリを高評価したことにより、流行の兆しが見られている。
この戦型を数回に分けて紹介する予定で、初回は級位の方でも扱える戦術を紹介します。

 テーマ図「足早な布石戦術」


白1から5と形を決めてから、白7と素直に右辺を守るのが簡明策。
黒8のツメを打たれても、右辺を守らずに白9など大場へ走っていけるのが白の自慢です。
黒AやBの追撃にどう対処していくのか、一つ一つ解説していきます。


黒10の打ち込みには白11のツケで対応していきます。
黒12、14の追及に強く反発せず、白15とわかりやすく守るのがオススメです。
黒16の好形を許す代わりに、白17と要所を占められるので白悪くない布石と言えます。

 参考図1「最善求めるリスク」


白1のノビに黒Aと受けるなら、前図よりも白良しになります。
ただ、黒2が当然の反撃で先の展開が難しく、読みに自信がないのであれば避けたいです。


白3から7と右辺を割りながら自身の補強を図るところ。
黒8で分断されても、白9から11と脱出すれば上下の白を独立してシノげます。
また、右辺の黒は完全ではないため、攻めを見れるのが大きく白打てる戦いです。
ただし、乱戦模様となりがちで明るい形成判断に読みが要求される進行と言えるでしょう。

 参考図2「部分に拘らない」


白1に黒2とノビられた場合も想定しておきたいです。
黒にAとBを見られており、対応の仕方が難しく見えるかもしれません。
こうした局面の切り抜けるコツは「部分だけで解決しようとしないこと」です。


白3と黒一子を制すのが堅実です。
黒4、6と働きかけるなら、白7と黒8を交換して黒を重くして白9と手を戻します。
黒10と頭をハネられても、白11とさらに地を稼げるので白十分な展開でしょう。
右辺の白は見た目以上に弾力ある上に、白Aなど分断すれば黒への攻めを狙えます。

 参考図3「冷静な対処」


白1と抱えた瞬間、黒2と切り返すのが部分的な手筋。
続いて、単に白Aの抜きは黒Bと分断されて白容易でない戦いになります。
ただ、盤面広い戦況なので、冷静に対処すれば怖くない仕掛けです。


白3とツナぐのが正しい対応です。
黒4から12と右辺で生きられても、白13で黒二子への攻めを見つつ脱出して白成功。
黒は右辺を荒らせても、周囲の黒陣が痛んでおり損失の方が大きいでしょう。

 参考図4「厚い壁の建設」


黒1の打ち込みは様々な局面で使われる常套手段。
白Aと真正面から戦うのは難しくなる可能性があり、オススメしません。
ここでは簡明かつ有力な受け方があるので、こちらをお試しください。


白2、4と手厚い形を築くのがわかりやすいです。
黒5以下と右上を固められますが、白8と大場に走って白足早な展開です。
黒Aには白Bと受けて弾力性豊かな形となるので、右辺の白は心配ありません。

 参考図5「断点の活用」


黒1には白2、4と形を決めていきます。
黒5と右上を囲いにいった時に、白6の切りで受け方を利くのが好手。
黒はAかBの何れかですが、どちらを選択されても白は外回りを厚くできます。


黒7には白8から14と外周を厚くして白十分なワカレです。
黒の実利も大きく見えますが、右上のシマリは堅いので多少固めても問題ありません。
白は盤面左側で力強く戦える態勢であり、稼がれた分を取り戻すのは容易でしょう。

 まとめ


今回は小目のケイマジマリに対して、すぐに形を決めない戦術を紹介しました。
黒は右辺の白へ強くプレッシャーを与えられないため、大場に走っていくことになります。
局面次第で白AやBを使い分けられるので、複雑な戦いが苦手な方にはオススメです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする