棋力向上の詰碁160


【黒先白死:上級~有段者】
実戦で表れそうな形なので、しっかり手にしたいところ。
安易に攻めると簡単に生きられるため、注意深く攻めてください。

 正解図「急所を貫く」


直接、黒1と急所を突くのが正解です。
これにより、白は無条件で生きる術がなくなります。


白2、4が最善の抵抗ですが、黒5でコウに持ち込めるので黒成功。
正解図は簡単に見えるものの、実戦では中々打てないものです。

 正解変化図「ダメヅマリ」


黒1に白2、4と抵抗手段が考えられます。
AとBを見合いにされて白生きに見えますが――、


黒5、7が冷静な決め手になります。
白Aと眼を確保できないので、脈がありません。

 失敗図1「安易な攻め」


単に黒1とアテるのは軽率。
白2以下で二眼を築かれて黒失敗です。

 失敗図2「勝手読み」


黒1には受けてもらえず、白2と急所を押えられます。
黒3と二子は取れても、白4と本体の生きを確かめられます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. セルマニア より:

    実戦的な良問ですね。
    急所っぽいところは複数見えるけれど正解は一つ、という。

    細かい話で恐縮ですが、コウが正解の場合は「黒先コウ」もしくは単に「黒先」のみの表記が良いのではないかと思います。
    「黒先白死」は無条件死の手順がある場合に限られていたような・・・?

    • okao より:

      本ブログではコウが含まれる場合でも「黒先白死」または「黒先黒生」に統一しました。紛らわしい表記に感じるかと思いますが、ご容赦ください。