三々入りの対抗策

間合いを図る

三々入りの攻防は簡明な変化を選んでも、後の打ち方が難しいと感じる方が少なくないはず。
ただ、ある程度の距離感を事前に知っておくと、簡明に序盤戦を切り抜けられます。
今回は三々に入られた側ができる限り、わかりやすく収束する方法を紹介する。


【テーマ図:簡明な対抗策】
黒1の三々入りに対して、白2から4とわかりやすく形を決めるのがオススメです。
黒5と受けるなら、白6と大場に走って難解な変化を避ける進行を選びます。
白6は左下のシチョウ関係をよくする働きもあるので大切な着点です。(参考図1を参照)


黒7と左下を固めるなら、白8と丁寧に受けておくのがポイントです。
白Aの両カカリも有力ですが、複雑な戦いに発展する可能性があります。


黒9には白10から14と大場に走りながら、弱い石を次々に補強します。
白は弱い石を残さずに穏やかな進行に持ち込み、コミを活かす進行を目指します。


黒15、17と先手で形を決めた後、黒19以下の追及が気になるところ。
ただ、左下の白が堅陣であり、白22と右下の脱出さえすれば良いので白わかりやすいです。
後にAと整形する手や、Bと下辺の黒を攻める狙いがあり白打ちやすい展開でしょう。



【参考図1:柔らかい返し技】
黒1と下辺から迫るのは、白2から4が用意されたサバキの手段です。
△の配石により、シチョウが白有利なので成立します。


黒5、7と追及した瞬間、単に白8とノビるのが好手です。
白AとBを見られているため、黒も強い対応策を打ち出せません。


黒9と白10を交換し、黒11以下と地に辛く受けるのが相場の進行。
左下の白は十分な形を得たので、白16など大場に走って白十分です。
▲と迫りましたが、結果的に黒の攻めが空振りしています。



【参考図2:考え方は同じ】
黒1と変化されても、白2とシチョウ関係を良くするのは変わりません。
黒3にも白4から8と丁寧に受ければ、テーマ図と同様の進行となり白不満なしです。

「編集後記」
今回はなるべく簡単に対応する集団を紹介しました。
紹介した進行なら相手に選択肢を与えず、局面をコントロールできると思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする