初段上達シリーズ(8)【攻めの向上】

多角的な攻め

戦いのコツは「いろいろな角度から攻める」のが成功させるポイント。
攻めが失敗する多くの原因は一つの石だけをひらすら追ってしまうことです。
今回のテーマを通して、攻めの質が向上すれば幸いです。


【テーマ図:視野を広げた攻め】
白1の打ち込みに黒2以下と厳しく攻めている戦況です。
こうした局面になると右辺の白四子だけに眼がいき、視野が狭くなりがちです。
攻めの幅を広げる上でも、手を止めて局面を広く見る癖をつけましょう。



【正解図:モタレ攻め】
黒1の切りで上辺の白に働きかけるのが好手です。
白2、4と飲み込まれて、黒は何もしていないように見えますが――、


黒5から9を利かした後、黒11とぴったり封鎖して白四子が相当苦しい格好です。
今回のように、本命の石を遠目に他方から働きかけるのが攻めを繋げるコツです。
これは様々な局面で応用の利く考え方なので、ぜひ習得したいところ。



【参考図:手厚い攻め】
黒1と素直に分断するのも有力です。
ただし、白2から6と両方の石を逃げ切られる可能性があるのが難点。
細かい攻めを繋げられる方は、この展開でも戦えるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする