三々入りのコツ(3)

現代戦術の石運び

今回は旧戦術から新戦術へ移り変わった代表的な布石を題材にしました。
全局的な展開力が飛躍的に向上しており、より盤面全体を使うことを重視されています。
現代はスピード重視、そして石の効率の最大化を目指す努力が求められています。


【テーマ図:新戦術の到来】

黒1の三々入りに白2から8と受けるのは今では珍しくなりました。
現代では黒9と白10を交換して手番を奪い、大場に走る方が良いとされています。
しかし、この先の打ち方が難しいと感じ、布石で旧戦術を打破できない方も少なくないはず。
今回は比較的わかりやすい石運びで立ち回れる序盤戦術を紹介します。


左辺を割らずに、黒11から13と上辺を占めるのが簡明策です。
白14には黒15のハサミで右下または下辺に白石がいくように誘導するのがポイント。
なぜなら、下辺は黒Aが残っており価値の低い場となっているからです。


白16と三々入りするなら、黒17から23と形を決めていきます。
白24など受けは必要であり、黒25と大場に走れば上辺に豊かな黒陣が広がり黒好調です。
続いて、白Aの切りには黒B以下と軽くかわしてさらに大場に走って黒満足な展開。
部分的な形に囚われず、足早に走るのがこの布石を成功させるコツです。



【参考図1:深い模様の形成】
白1の切りには黒2から8と捨石にして外周を厚くします。
黒12まで、右辺に深い模様を形成できたので、後手を引いても黒悪くない布石と言えます。



【参考図2:一手の価値】
白1と左辺を模様を築くなら、黒2が上辺を広げつつ白模様拡大を牽制する好点になります。
相手の出方を見て手を変えることで、一手の価値が高まり石の効率性が向上する寸法です。



【参考図3:ワリ打ちの戦術】
左下の厚みを牽制する上で、黒1とワリ打つのは常套手段に思えるかもしれません。
しかし、白2から4と左辺にプレッシャーをかけられて後の打ち方が悩ましいです。
白A、黒B、白Cがほぼ利いているので、左辺の根拠は見た目以上に薄いです。
もちろん、これも一局なのかもしれませんが扱いづらい打ち方と言えるでしょう。



【今回のまとめ】
左下の厚みがあると、いち早く左辺の模様化を防がなければならないと考えがちです。
しかし、左辺は模様にしても構わないとわかれば、黒1から3と簡明に打ち進められます。
三々入りは壁攻めを狙う印象が強いですが、すぐに狙うと失敗することが多いので注意です。

「編集後記」
実は言うと、自分も最近になってようやく三々入りの呼吸や打ち方が見えてきました。
今まで以上にこの戦術をよりうまく使えるよう、現在も試行錯誤している最中です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする