三々入りのコツ(2)

三々入りが常識に

世界のトップ棋士を中心に三々入りの実戦例が非常に増加しています。
星への「カカリ」が珍しくなり「三々入り」が常法となるのも時間の問題と言えるでしょう。
今の時代、いち早く新戦術を取り入れて自分の碁にどう還元するか、これが重要になります。


【テーマ図:定石後の構想】
序盤早々、黒1と三々に入るのは常識的になりつつある戦術の一つです。
白2、4と厚みを築いた後、白6と左辺に模様を築いて白好調と思われてきました。
しかし、黒7と冷静に守るのが見た目以上に良く、白は先の打ち方が難しくなっています。


例えば、白8から10と広げるなら、黒11が模様の接点となります。
左辺を割られると左下の白が攻められるため、白は受ける必要があります。


黒13と下辺に芯を入れれば、幅の広い黒模様を築けるので黒悪くない展開です。
仮に白14とさらに広げられても、周囲に弱い石がないため黒15と深く入れるのが黒の自慢。


白16、18と迫られるのが厳しく見えますが、黒19以下と丁寧に収まって黒十分です。
▲に配石されているため、白の厚みが活用しづらい碁形に導くことができます。



【参考図:壁攻めを睨む】
前図の展開を避けるため、白1と逆から押さえるのも考えられます。
白5と下辺に白陣を築こうとした時、黒6と割るのがこの戦型では有効に働きます。


白7には黒8から16と後手でも丁寧に自陣を整備するのが肝心。
左下の白への攻めを残しながら、下辺に立派な構えを築けたので互角に近い序盤です。
白Aと受けたいですが、黒に大場へ走られるのもツライため手を戻せません。
一方、黒は機を見て左下の白に圧力をかけられるので、黒の楽しみが多そうです。



【今回のまとめ】
白2と模様を築かれても、冷静に黒3と構えれば左辺へ打ち込みやすい構図を描けます。
「三々入り」は模様を形成されることが多いですが、焦らずに打ち進めるのがコツです。
今回のように万全の態勢を築けば、相手は一本調子の攻めしかできず有利な戦いに導けます。

「編集後記」
三々入りはシノギの力が求められますが、局面を自身でコントロールできる強みがあります。
簡明なものであれば、級位者でも扱える布石ですので挑戦してほしいところです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする