第9回中国姜堰黄竜士精鍛科技杯世界女子団体戦ー5日目

韓国が反撃開始

6月9日に中国で「第9回中国姜堰黄竜士精鍛科技杯世界女子団体戦」の5日目が行われた。
韓国の呉侑珍六段が第2ラウンド開幕で2連勝を果たし、タイトル奪還に大きく近づいた。
明日の第10戦は中国の李赫六段、第11戦は日本の上野愛咲美二段が出場予定だ。(参考URL)
以下に本日の結果と戦況をまとめたので参照ください。(左側が勝者)

【6月9日(日):8、9回戦結果】
<第8戦>呉侑珍六段(韓)―周泓余四段(中)
<第9戦>呉侑珍六段(韓)牛栄子二段(日)

【日本】謝依旻六段・藤沢里菜四段・万波奈穂四段(1勝)・牛栄子二段・上野愛咲美二段
【中国】於之瑩六段・李赫六段・王晨星六段・高星四段(3連勝)・周泓余四段(2連勝)
【韓国】崔精九段・呉侑珍六段(2連勝)・金多瑛五段(1勝)・呉政娥四段・曹承亚二段


【実戦譜:新しい感覚】
黒番は呉侑珍六段、白番は周泓余四段です。
白2は下辺に厚い形を築いて、右辺の黒陣拡大を間接的に防ぐ意図があります。
黒もそれに対応して、黒3と必要以上に厚くならないように工夫しています。


白4は下辺を固めながら左下を封鎖する進行を目指します。
黒5と白6を交換したのは、白からの封鎖を嫌うための手続きになります。
黒7に左下を守れば無難でしたが、実戦は白8と下辺に立派な陣を敷くことを優先します。


当然、黒9と左下の白を攻める展開になります。
白10から14と補強するのはやむを得ず、黒15と要所を占めれば黒悪くない流れと言えます。
弱い石を守るのは基本ですが、本局のようにあえて守らない打ち方も最近よく目にします。
結果、黒中押し勝ち。



【参考図:模様の弱体化】
黒1の三々入りは無難に見えますが、白10まで厚くされると右辺の黒模様が薄くなります。
大きな地が望めない展開になるのは黒不満なので、実戦のように工夫したようです。

「編集後記」
弱い石を守るという基本は多くの場合に適しますが、絶対出ないことを忘れてはいけません。
ただ、その点を勝つための知恵に昇華させるのは、並大抵ではありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする