第4回夢百合杯世界オープン戦統合予選―4日目

牛栄子二段、決勝進出!

5月23日に中国で「第4回夢百合杯世界オープン戦」の4日目が行われた。
統合予選準決勝に日本棋士が5名進出し、牛栄子二段が決勝進出を果たした。
明日の決勝戦で久しぶりの枠抜けとなるか、注目していきたい。
以下に準決勝の結果をまとめたので参照ください。(左側が勝者、対戦表はこちら)

【5月23日(木):準決勝の結果】
牛栄子二段(日)
潘陽三段(中)
胡鈺函五段(中)―平田智也七段(日)
韓相朝初段(韓)―小池芳弘四段(日)
崔哲瀚九段(韓)―大西竜平四段(日)
趙邦橋初段(中)―西健伸三段(日)

日本の牛栄子二段はIMSAの大会から海外棋戦を数多くこなしている。
移動日を含めるとほとんど休みなく続いているが、遂に枠抜けまで後一歩に迫った。
厳しい状況であるものの、この一戦を制して朗報を日本に持ち帰ってほしいところだ。
さて、対局を振り返っていきます。


【実戦譜:両カカリの攻防】
黒番は朴常鎭四段、白番は范胤七段です。
黒1に白2と広く挟んで右辺の黒模様拡大を牽制する手法がよく打たれています。
黒3の両カカリには白4、6と応じて下辺に白陣を築く展開を目指します。


黒7の三々入りに白8から12と先手で形を決めた後、白14と右下の黒に働きかけます。
次に白Aとハネられるのが大きいので、黒は何かしら受けるところですが・・・。


実戦は黒15、17と手堅く受ける進行を選択。
白18から22と形を決めた後、白24と囲えば下辺に大きな確定地を確保できます。
右下の利かしにより、右辺の黒模様拡大を未然に防いでおり白悪くない展開です。
結果、白中押し勝ち。

「編集後記」
明日が終われば、お休みに入るので生活リズムを戻したいところですね。
海外から帰国直後は違和感を感じなかったが、リズムが若干乱れているのを感じますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする