IMSAワールドマスターズチャンピオンシップ2019―4日目

日本勢、ペア碁で苦戦

5月17日に中国で「IMSAワールドマスターズチャンピオンシップ2019」4日目が行われた。
日本は中国に敗れたことにより、7・8位決定戦へ後退して7位入賞という結果となった。
恐らく、組合せは抽選によるものだが、海外では方法を変更した方が良いという声が強い。
なお、ペア碁の決勝戦は明日に同所で行われる予定だ。
以下に本日の結果をまとめたので参照ください。

【5月17日(金):ペア碁2回戦】
<勝者組>
申真谞・崔精(韓)―王元均・黑嘉嘉(台)
林立祥・白昕卉(台)―伊利亚・娜塔莉亚(欧)
<敗者組>
芈昱廷・於之莹(中)―村川大介・牛栄子(日)
帕沃尔利兹・欧吉尔(欧)―呂皓钧・林雪芬(北米)

【5月17日(金):ペア碁3回戦】
<3・4位決定戦>
王元均・黑嘉嘉(台)―伊利亚・娜塔莉亚(欧)
<5・6位決定戦>
芈昱廷・於之莹(中)―〇帕沃尔利兹・欧吉尔(欧)
<7・8位決定戦>
村川大介・牛栄子(日)―呂皓钧・林雪芬(北米)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする