IMSAワールドマスターズチャンピオンシップ2019―初日

向井六段が崔精九段を撃破!

5月14日に中国で「IMSAワールドマスターズチャンピオンシップ2019」が開幕した。
本棋戦は団体戦とペア碁に分かれて行われる形式を取り、世界一の栄冠を目指して争われる。
なお、持ち時間は1時間+秒読み30秒3回の中国ルール(コミ7目半)で行われる。
団体戦の優勝賞金は男子6万ユーロ(約740万円)、女子は2万5千ユーロだ。
以下に本日の結果をまとめたので参照ください。

【5月14日(火):1回戦の結果】
<男子>
韓国3ー0欧州
朴廷桓―马特乌斯苏尔玛
申真谞―伊利亚什可辛
李志賢―帕沃尔利兹

日本3-0北米
村川大介―李立言
伊田篤史―史干生
本木克弥―吕皓钧

中国2-1台湾
柯潔―王元均
芈昱廷―〇林立祥
辜梓豪―許皓鋐

<女子>
日本1ー1台湾
向井千瑛―〇黒嘉嘉
牛荣子―白昕卉

北米2ー0欧洲
林雪芬―娜塔莉亚科瓦列娃
苏格平―欧吉尔阿丽亚娜

韓国2-0中国
崔精―於之莹
呉侑珍―王晨星

【5月14日(火):2回戦の結果】
<男子>
日本3-0欧洲
村川大介―马特乌斯苏尔玛
伊田篤史―伊利亚什可辛
本木克弥―帕沃尔利兹

台湾3-0北米
王元均―李立言
林立祥―史干生
許皓鋐―呂皓钧

中国3-0韓国
柯潔―朴廷桓
芈昱廷―申真谞
辜梓豪―李志賢

<女子>
台湾2-0欧洲
黑嘉嘉―娜塔莉亚科瓦列娃
白昕卉―欧吉尔阿丽亚娜

中国2-0北米
於之莹―林雪芬
王晨星―苏格平

日本1-1韓国
向井千瑛―崔精
牛荣子―〇呉侑珍

男子 中国 韓国 日本 台湾 北米 欧州 勝点 勝星 主将勝 順位
中国 〇3-0 〇2-1
韓国 ×0-3 〇3-0
日本 〇3-0 〇3-0
台湾 ×1-2 〇3-0
北米 ×0-3 ×0-3
欧州 ×0-3 ×0-3
女子 中国 韓国 日本 台湾 北米 欧州 勝点 勝星 主将勝 順位
中国 ×0-2 〇2-0
韓国 〇2-0 △1-1
日本 △1-1 △1-1
台湾 △1-1 〇2-0
北米 ×0-2 〇2-0
欧州 ×0-2 ×0-2

日本の向井六段が韓国の崔精九段に完勝し、韓国との対戦結果を引分へ持ち込めた。
中国は韓国に敗れており、日本は中国に勝利すれば優勝、準優勝の目が強くなる戦況だ。
連日の対局なのでこれからの戦いがポイントとなるが、幸先の良いスタートと言えそうだ。

日本の男子団体はに中韓台戦が控えており、厳しい相手にどこまで勝数を伸ばせるかが焦点。
世界戦で結果を残して、日本の存在感を大いに示してほしいところだ。

「編集後記」
今回は結果まとめの簡単な記事でお送りします。
明日以降に棋譜の部分図を載せる余裕があれば載せていきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする