攻めの技法2【モタレ攻めのコツ】

モタレ攻めの薦め

今回紹介するモタレ攻めは「段位者の必須項目」と言えるでしょう。
実戦的な攻めのほとんどが、石を取るためでなく他で利益を上げるためだからです。
一方攻めはかわされることが多く、基本的に攻めは2つ以上の意味を持たせます
これを意識するだけで、攻めの質が大幅に改善され勝率も上がっていくはずです。


【テーマ図(黒番):左辺の白を攻める】
黒1のハサミに受けず、白2と大場に回った局面です。
黒は地を稼ぐ選択もありますが、ここでは左辺の白をどう攻めるかを考えてみてください。
どこに影響するように攻めるのか、これを考慮して次の一手を選択しましょう。



【正解図:緩急自在な攻め】
黒1と直接攻めていくのが、この戦型では有効に働きます。
白2には黒3と頭を押さえて、ひたすらプレッシャーをかけていくところ。
続いて、白Aのハネは黒Bの厳しいので・・・。


白4と形を崩しながら脱出を図りますが、ここで黒5と上辺に働きかけるのが一連の狙い。
白Aと受けるのは、黒Bと封鎖されて白ツブレです。


白6と助けざるを得ませんが、その間に黒7、9と上辺を連打できるので黒大戦果です。
今回のように、厳しく迫って捨てにくくしてから、本命の狙いに持っていくのがコツです。



【失敗図1:脱出のお手伝い】
「攻めはケイマ」と言いますが、黒1は白2から6とかわされて攻めの効果を得られません。
むしろ、白Aなど左辺の黒が薄くなる結果となり、黒良くない流れと言えるでしょう。


【失敗図2:後が続かない攻め】
黒1のボウシは白2とかわされた後、厳しい攻めが繋がりません。
そうなると、Aのハザマなど自身の薄みだけが残るため、借金だけ残ってしまいます。

「編集後記」
来週の日曜日から1週間ほど海外にいくので、記事を用意しようと進めています。
ただ、思ったよりストックを貯めれていないため、空白の日々が続くかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする