中国甲級リーグ2019―第4戦

リーグ戦序盤、中信北京が首位に

5月6日に中国・赣州で「中国甲級リーグ」の第4戦が行われた。
苛烈な競争の中、リーグ戦序盤(全13戦)で中信北京チームが首位をキープした。
現段階の全勝者は柁嘉熹九段、韓一洲七段、趙晨宇七段の3名となっている。
なお、中国甲級リーグの第5戦は5月11日に行われる予定だ。
以下に本日の結果をまとめたので参照ください。(〇がついた棋士が勝者)

【5月6日(月):4回戦の結果】
<江西四特酒 vs 成都懿锦控股>

屠晓宇―〇廖元赫
辜梓豪―朴廷桓
卞相壹―〇古霊益
許嘉阳―〇党毅飛

<拉萨净土 vs 中信北京>
毛睿龙―〇柁嘉熹
周睿羊―〇陳耀烨
丁世雄―〇蔡竞
陳浩―〇韓一洲

<江苏 vs 上海建桥学院>
黄云嵩―〇廖行文
芈昱廷―〇范蕴若
趙晨宇―王星昊
陳賢―〇李維清

<深圳正方圆 vs 天津四建>
王硕―劉星
申旻埈―〇孟泰齢
严在明―李雨昂
戎毅―王世一

<苏泊尔杭州 vs 国旅联合厦门>
李钦誠―孙腾宇
申真谞―〇柯潔
謝科―〇范胤
連笑―彭立尧

<重庆 vs 龙元名城杭州>
李翔宇―〇邬光亚
杨鼎新―丁浩
李軒豪―夏晨琨
古力―〇李东勲

<浙江云林棋禅 vs 加加食品天津>
童梦成―陳正勲
金志锡―謝尔豪
檀啸―王泽锦
張涛―唐韦星

<99围棋陕西 vs 潍坊高新区>
沈沛然―陳梓健
時越―范廷钰
蒋其润―〇伊凌涛
陶欣然―〇江維傑

順位 チーム名 勝点 勝星 主将勝星
中信北京 12 13
江苏 11
苏泊尔杭州
上海建桥学院
国旅联合厦门
成都懿锦控股
浙江云林棋禅
99围棋陕西
重庆
10 龙元明城杭州
11 拉萨净土
12 深圳正方园
13 潍坊高新区
14 江西四特酒
15 加加食品天津
16 天津四建


【実戦譜:新手法の進化】
黒番は朴廷桓九段、白番は辜梓豪九段です。
白1のツケが一間ジマリへの常套手段としてよく打たれている代表的な手法。
その後の変化はたくさんありますが、本局ではあまり見られない進行を辿ります。


黒2、4と反撃するのは当然の態度。
黒8までほぼ一本道の進行で、白Aのノビなら実戦例の多い変化になりますが・・・。


白9と動き出すのが実戦例が少ない手法でした。
黒10から14と石の調子で整形されるため、見た目は黒悪くない戦いに思えます。


白15から19と各所を補強していくところ。
黒20と手入れしなければならず、白21から23の攻めに回れれば白有利な戦いに導けます。
この手法は△に配石されている時に有力なようで、実戦例が増えていくかもしれません。



【参考図:従来の進行】
白1のノビが無難な対応です。
黒2と白一子を制した時に、白3と黒4を交換して白5を利きにするのがポイント。
白7、9と黒にプレッシャーをかけて競り合うのが、よく打たれる定石の変化です。


黒10から18と中央を補強して一段落となります。
ただ、黒AやBが狙われる碁形であり、現局面では黒悪くないワカレに思えます。

「編集後記」
来週から少し忙しくなるので、軽い記事が多めになるかもしれません。
また、再来週は遠出する予定で生放送などお休みします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする