旧定石の改良

進化する定石

囲碁AIの研究が進み、多くの定石が大きく見直されています。
今回紹介する定石も、従来のものより改良されており今では常識になっています。
他の定石も改善されたものが多く存在するので、囲碁AIで研究することをお勧めします。


【テーマ図:改良が進む定石】
黒1に白2の高バサミは実戦よく表れる戦型の一つです。
黒3、5の切り違いから左辺に利きを作り、黒7のカケに回るのが意図です。
白Aと受けるのは黒Bで整形されるため、白は左辺にどう手を戻すかが分岐点となります。


白8のコスミが囲碁AIの示した改良策でした。
次に白Aが厳しいため、黒は左上の手入れをするところですが・・・。


黒9には白10、12と外周を厚くしていきます。
黒13は白A以下の手段を防ぎながら、左上の黒地を固める好点になります。
ただ、左上の厚みを背景に、白14と模様を築けるので互角に近いワカレと言えるでしょう。



【参考図1:味の悪い手入れ】
黒1と欲張って守るのは、白2と動き出す味が残ります。
外周の白が強固であり、左上の白を簡単には取り切ることができません。


たとえば、黒3から5と攻めるのは、白6でAとBを見合いにして手にできます。
他の攻め方も、何かしらの手が生じるため全てが地になったとは言えない守り方です。
白のコスミが左上の味を見た働きもあり、黒は欲張った囲い方がしづらくなっています。



【参考図2:後続手段の確認】
▲など大場に回った場合、タイミングを見て白1、3の手段を打たれます。
黒Aは白B以下の切断が成立するため、黒は傷を守る必要があります。


黒4と守るなら、白5のハサミツケから抵抗します。
黒Aには白Bと負担の少ないコウに持ち込めるので、白成功と言えます。


黒はコウに持ち込まれる訳にいかないため、黒6から12と封鎖する道を選びます。
白Aは黒Bとコウに弾かれて部分的な生きがなく、白は上辺へ眼を求めていきます。


白13に黒14、16と強く応じるなら、白23まで外周の傷を突いて活路を見出します。
黒は白Aのシチョウを守らなければならないので・・・。


黒24と守るところですが、白25から31と対応して白十分な展開となります。
たとえば、黒Aは白Bが大きいですし、黒Cには白Dで黒の負担がコウに持ち込めます。
局面次第であるものの、最低コウにできるので黒として相当気持ち悪い格好です。

「編集後記」
左上の手残りを検証していたら、思ったより時間がかかってしまいました。
ただ、一路の違いが大きな差に繋がるのですぐに定石の打ち方を更新した方が良いですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする