2019博思杯世界囲碁AI大会―三日目

Golaxyが2連勝で王手!

4月28日に中国で「2019博思杯世界囲碁AI大会」の三日目が行われた。
決勝五番勝負は中国のGolaxyが韓国のBADUKIに2連勝、世界一の栄冠まで後1勝に迫った。
また、三位決定戦に日本のRaynzが出場するも、勝利を掴めず4位入賞となった。
以下に結果をまとめたので参照ください。(左側が勝者)

【4月28日(日):決勝五番勝負、三位決定戦の結果】
<決勝五番勝負(第2局目まで)>
Golaxy(中)2―0BADUKI(韓)
<三位決定戦三番勝負>
LeelaZero(ベルギー)―Raynz(日)

今大会でも、囲碁AI特有の終局処理に関するトラブルがあったようだ。
通常は「パス」することで整地することになるが、囲碁AIにとって大きな壁となっている。
囲碁AIの手は忠実に再現しなければならず、「パス」も立派な手であり独断が許されない。
今回に限った問題ではないが、この点を改良するのが課題となっているようだ。
さて、対局を振り返っていきます。


【実戦譜:巧みな石運び】
黒番はBADUKI、白番はGolaxyです。
白1と黒2を交換してから、白3と右下のシチョウアタリを打つのが面白い。
白にAとBを見合いにされており、黒は見た目以上に切迫した局面となっています。


実戦は黒4と反撃して対応していきます。
しかし、白5から7と動き出され、右下の傷口が目立つ局面となり、黒苦しい戦いです。


黒10、12と整形を試みるのは仕方ないところ。
白19まで、下方の白を捨て石に右辺の黒を大きく飲み込むのが好判断で白優勢になりました。
上辺の黒陣はAのトビ込みが残っており、一手で大きな土地にできないのが泣き所です。
結果、白中押し勝ち。

「編集後記」
Golaxyが隙のない打ち回しで、決勝五番勝負第2局まで連勝をしています。
絶芸と双璧をなす囲碁AIであり、その実力を本大会でも発揮しているようです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする