初段上達シリーズ(1)【打ち込み対処法1】

ネット初段を目指すシリーズ

今シリーズはここを直すと大きく打ち方が変わるポイントを紹介していきます。
目標は「ネット碁の棋力初段で打てること」を目指して執筆する予定です。
考え方や戦い方のパターンを知ることで飛躍的に打ち方が変わるはず。
初回は「打ち込み対処法」と題して解説していきたいと思います。


【テーマ図(白番):やり過ぎの撃退】
左辺の黒が弱いにも関わらず、黒1の打ち込みで戦線を拡大してきました。
白としては強く戦いところですが、黒の狙いもあるので注意深く対処したいところ。
ポイントは、左辺上部側の黒に悪影響を及ぼすように攻めることです。



【正解図:プレス作戦】
白2と厳しく追及するのが好手です。
黒3と生きを図るなら、白4から6と隅を固めながら外周を厚くしていきます。


黒は生きるために、黒9から13と生きを図らざるを得ないところ。
攻めにより厚みを得た白は、白14と左辺の黒を強く攻めれる土俵を築いて白十分なワカレ。
こうした戦いは「石を取るよりどれだけ有利な戦場を作り出すか」この点が肝心です。
難しい技術を使わずとも、弱い石が複数ある場合は簡単に主導権を握れます。



【失敗図:黒の狙い】
白2のトビは無難に見えますが、黒3のツケが狙いの手筋。
白としては、左辺との連絡を裂いていきたいですが・・・。


白4から10と切断するなら、黒11と左辺を厚くして黒十分なワカレになります。
白はAなど狙われる上に、Bから上辺に大きな黒陣を築かれる可能性があり白忙しいです。



【参考図:急がば回れ】
以上より、黒1としっかり守るのが本手です。
弱い石がないので、Aの打ち込みやBのツメを憂いなく打つことができます。
しっかり守ることで、白の薄い場を浮き彫りにできる働きがあり急ぐ必要はありません。

「編集後記」
初段を目指す上で大切なポイントを週1~3回ほど記事にしていこうかなと考えています。
棋戦が多い場合は頻度が減ってきそうですが、息長くやっていきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする