棋力向上の詰碁134


【黒先白死:上級~有段者】
本題は初手を発見してから最後まで丁寧に読み切れるかがポイント。
相手の抵抗に注意して、牙城を攻略してください。



【正解図:巧みな攻め】
黒1のハネが出発点。
白2に黒3とアテるのが白の抵抗手段を封じる好手です。


白4、6と隅の眼を奪われて、コウ以上の戦果を望めないように見えるかもしれません。
しかし、ここで黒は白を仕留める決定打があります。


黒7のオキが決め手になります。
白はAとBを同時に防ぐことができないので、白死です。


蛇足ですが、白8には黒9と左方の眼を奪っていきます。
眼あり眼なしの形で、白は右方に手を入れる必要がありますが、手を入れると中手です。


【失敗図:コウの粘り】
黒3の切りは白4と抵抗されて黒失敗です。
続いて、黒Aと急所を突いても、白Bでコウになります。

「編集後記」
中国の棋戦を見ていると、最終的には読みの高さが勝敗を分けると感じますね。
逆に言うと、囲碁AI研究により、布石で大きな差をつけられなくなっているようです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする