棋力向上の詰碁132


【黒先黒生:中級~上級者】
スペース不足に見える形でも、隅が絡む場合は粘りがあるものです。
隅の特性を利用した活路を見つけてください。



【正解図:隅の特性】
黒1と急所を占めるのが正解。
白2と懐を狭めてきても、黒3と左方の眼を確保するのが好手です。


白4と右方の眼を奪いにきても、黒5に白Aとツゲないので黒生きです。
隅の特性により、白がダメヅマリになっています。


【正解変化図:スペースを広げる】
白2と中から攻めるなら、黒3とスペースを広げていきます。
続いて、白は眼形を崩しにきますが・・・。


白4、6と中手を目指してきても、黒7までセキの形となり黒成功です。
限られたスペースですが、隅の特性を活かせば生きることができます。

「編集後記」
流行形シリーズをやろうかなと思ったのですが、どれも難しくて企画段階で止まってます。
来週は少し忙しくなるので、軽い記事になりそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする