三々定石の難解変化(3)

奥の深い三々定石

前回は相手の出方を見て打ち方を変える戦術が功を奏し、黒良しのワカレになった。
しかし、その上をさらに超える白の返し技があるので、今回はその変化を紹介していく。
人によっては少し違和感が覚える進行であり、納得しがたい変化かもしれない。


【テーマ図:読みの地平線】
黒2と白3を交換してから、黒4と上辺に回るのが黒の用意した戦術です。
素直に白Aと封鎖しても、黒B、白C、黒Dとセキに持ち込む手段が残るのが白の泣き所。
そこで、白は一風変わった手段でこの難局を打開していきます。


白5のコスミツケがこの場合の適切な受け方です。
続いて、黒Aと分断するのは白B以下と封鎖して上辺の黒を取られて黒失敗。


黒6に白Aとツグのは黒Bと動き出されて左辺に黒陣を築かれてしまいます。
黒Cと脱出する狙いもあるのも痛く、白の借金が多いワカレとなります。
よって、白7と連絡して黒の追及をかわすのが冷静です。


黒8の抜きを許しても、白9と左辺に手を戻せるのが白の意図です。
黒10には白11と素直に脱出を図り、黒12に手を戻させるまでほぼ一本道の進行。
ここから先の打ち方や方針が、流れを掴むための大事な要素になってきます。


白13から17を利かしてから、白19と中央に黒へ働きかけていきます。
黒Aと脱出を図るなら、白B以下と厚い形を築くと同時に中央の攻めを狙えて白十分です。


黒20、22と右上の白二子を取り込んで反発するなら、白23と本格的に攻勢を築きます。
ポン抜きを許した一団を攻めの対象として睨むのが、この変化の大切な方針となります。


黒24と逃げ出すなら、白25から27を利かした後に白29と攻めて白有利な戦いに導けます。
黒26でAと反発する変化も考えられますが、白Bのコウ材が強烈で黒は支えきれません。
こうした変化が考えられるため、この記事で紹介した白の戦術は有力と言えそうです。



【参考図1:コウの変化】
黒26で1と反発された場合の対処法を紹介します。
白2とコウを抜いた時に黒3のコウ材を使って、黒5と一度は抜き返すことができます。
しかし、白6にAやBと受けると黒のコウ材が続かないので、黒は解消せざるを得ません。


勢い、黒7から白10と互いに我が道をいく進行となります。
このワカレは将来的に白Aと助け出す狙いがあるのが大きく、これは白良しと見れます。


【参考図2:黒ツブレ】
蛇足ですが、黒2と受けるのは白3と抜かれてコウ材がありません。
黒4にも白5と解消されて黒の手が続きません。



【参考図3:大きな違い】
黒2と分断するのは、白3から5で攻め合い勝ちとなり黒を無条件で取れます。
この違いが先の変化で大きな差になっていきます。


黒6、8と逃げ出されますが、構わず白9から19と一気に中央を厚くします。
前回では上辺の黒を取り切るため、白Aなど手を入れる必要がありました。
しかし、今回は手を戻す必要がなく、白21と大場に走れるのが大きいです。
この差が見た目以上に大きく、白良しの結果へ収束するのです。


【参考図4:上辺の形について】
黒1と動かれるのが気になるかもしれません。
これには白2から6と対応するのが良く、白が捕まらない格好です。

「編集後記」
少しの工夫で大きく変わるのが、大型定石の怖いところです。
碁の骨格が大まかに決まるリスクもあり、扱う場合はより丁寧に研究する必要があります。
次回は他の変化についても検証していきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする