三々定石の難解変化(2)

三々定石の大型化

前回は白の意図する進行を紹介したので、今回はそれを打開する手段を模索する。
石の入り組んだ定石であり、相手の意図を外そうとすれば自ずと大型の定石へ突入する。
流行形でよく打たれる形なので、複雑な変化の大まかな考え方は押さえておきたいところ。


【テーマ図:おまじないの効力】
白1、3と左上の黒に圧力をかけるのが難解定石の一つ。
黒4の切りに白5とツナぐことで、左上と上方の黒を睨むのが白の意図です。
前回は一直線に進んだため、黒は手順の途中で工夫する必要があります。


黒6、8と左上を守るのは仕方ないところ。
白9のナラビで前回同様の流れに見えますが、ここで黒は相手の意図を外す手段があります。


黒10の切りが相手の様子見を聞く妙手です。
一見すると、白Aとシチョウで取られて黒は損しているように見えますが・・・。


白11とシチョウに抱えたのを見て、黒12に回るのが好手順です。
部分的には白13で封鎖される形ですが、この先に黒の活路があります。


黒14、16と逃げ出して、白に圧力をかけるのが一連の狙いでした。
白はダメヅマリなので、脱出するために相当な対価を支払うことになります。


白17から29と頭を出した後、白31と手を戻して上辺の黒六子を制します。
しかし、左上の攻め合いがあり、最終的に数手入れる必要があり見た目ほど大きくないです。
黒は左辺で稼いだだけでなく、黒Aと上辺の薄さを睨みつつ左辺の白の寄り付きを見れます。
左下も狙える碁形であり、黒の楽しみが多い局面と言えるでしょう。



【参考図1:鋭い追及手段】
左方のダメヅマリを避けるため、白2とかわすなら黒3のアテに向かいます。
白4と連絡されて、上辺と左辺の白が安定されたように見えますが・・・。


黒5から9と左右の黒を補強するところ。
白10と左辺を守られますが、この瞬間に狙い澄ました一着があります。


黒11のツケが鋭い追及手段でした。
続いて、白Aは黒B以下符号順で白ツライ戦いを強いられます。


白12には黒13、15と左上の眼を奪いながら追及するのが厳しいです。
白16と脱出を試みるなら、黒17と自身を補強しながら攻めていきます。


白18、20の反撃には黒21のツケがシノギの手筋。
白Aは黒Bで白窮するため、白22から24と整形するのが相場になります。
ただ、黒25が左辺の模様拡大を制限しながら自身を強化する好点となり黒十分な展開。


【参考図2:手厚く収束】
白2と受けるなら、黒3と上辺の白を低位置に追い込んで黒満足です。
黒5まで、黒が中央の主導権を握ったのが大きく、早くも黒優勢と言えます。
続いて、黒A以下符号順で追及されて白辛すぎるので・・・。


白6と上辺を補強するのは必要な備え。
その間に、黒7から9と中央を厚くすれば、全局的に黒戦いやすい碁形を築けます。



【参考図3:強硬手段への対策】
白4のツギには黒5のアテが好手になります。
ポン抜きを許しては黒厚すぎるので、白Aと逃げますが・・・。


白6と逃げても、黒7から11と治まれば左上の白を飲み込めるので黒成功です。
白A、黒B、白Cと寄り付く手段が考えられますが、黒Dで包囲網を突破できます。


【参考図4:ポン抜きが厚い】
前図の変化を避けるため、白2と連絡するのは黒3から7と整備されて白不満。
次に黒Aのツケが厳しいので、白は上辺を守る必要があります。


白8には黒9から17と地を稼ぎながら中央を占めて黒十分な戦果です。
状況次第で左辺の白を狙う構図も描けるため、黒の楽しみが多いです。

「編集後記」
参考図が多くなってしまいましたが、最低限押さえたい変化だったので載せました。
次回は黒の戦術に対して、白はどう受ければ良いのか解説していきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. stacy より:

    いつもブログや生放送での解説ありがとうございます。
    三々定石は難解であり、最近は困惑しながら打っていたため、大変参考になります。
    本記事の続きも楽しみにしていますので、体調に気をつけて今後もがんばってください。

    • okao より:

      ありがとうございます!その時々によってかなり怪しい内容もあるので、参考程度に止めてもらえれば幸いです。