三々定石の難解変化(1)

三々定石の複雑化

囲碁AIにより、三々定石の進化が爆発的に早くなっている。
一時前は級位者が最初に覚える基本定石と謳われたが、今では口が裂けても言えない難解形。
今回は数回に分けて、難解形の一つを詳細に解析していくので、参考になれば幸いだ。


【テーマ図:難解形の入口】
黒1の三々入りは現代を象徴する手法です。
白2、4は手番を得て大場に走る意図があり、黒5は容易に手番を与えない意図があります。
例えば、白Aは黒B以下で黒に走られて単に受けるのは白工夫不足と言えます。


白6と強く応じて左上の黒にプレッシャーをかけたいところ。
当然、黒7から11と切られ、互いに傷だらけの中で戦う定石へ突入します。


左上の白が飲み込まれないよう、白12と抵抗するのは当然の抵抗。
黒13、15までは一本道で、簡明に収束したいなら白Aなど守る進行があります。
ただ、黒B以下で黒地が大きい上、断点を切られた格好となるため若干黒良しです。


白16のハネで厳しく受けるのが最新形です。
黒17から21と守るのは仕方なく、白はAかBの何れかの難解形を選択することになります。
今回は白Aと打った場合の進行を解析していこうと思います。


白22に黒23の切られて、白の姿が傷だらけに見えるかもしれません。
ただ、白24のツギが左上の死活を睨みつつ、上辺の黒五子を狙う好手になります。
ここで、黒Aとアテるのは白Bで黒が取られてしまうので、左上を守る必要があります。


黒25、27と守るのは仕方ないところ。
ここで、白28のナラビが上方の攻め合いと連絡を見合いにした好手です。


単に黒29と左上の攻め合いに臨むなら、白30と封鎖するところ。
黒31、33と外側の傷を突くのは、白34から38と整形してかわします。
この進行の焦点は左上の攻め合いがどうなっているかです。


黒39から43と眼を確保するのが最善の抵抗。
左上の白との攻め合いを解説していきます。


白44、46とダメを詰めるのが好手順。
黒47から49で、黒に左上の攻め合いをセキに持ち込まれますが・・・。


黒53まで、左上がセキの形になっても、白54と外側が厚くなるので若干白良しです。
長手順ですが、こうしたワカレとなるため黒も手順の途中で工夫する必要があります。



【参考図:一手一手の意味】
黒29で1とアテるのは、白2と連絡されて黒良くないです。
黒3と抜けますが、白4から6と大場に走られてしまうため黒出遅れた格好です。
ポン抜いた黒一団も攻めの対象になる可能性があり、これは白良しと見れます。

「編集後記」
今回紹介した定石は一手一手の手順に意味があるため、ミスの許されない変化の一つです。
次回はこの変化を打開する変化を紹介していく予定です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする