2019年03月一覧

三々定石の大型化(1)

囲碁AIが打ち出して以来、星へ三々入りするのが常識的な手法となった。様々な変化が研究されているが、想像以上に奥の深い世界で未だに結論が出せていない。今回はWGCで韓国の朴廷桓九段が打った新手を検証していく。

棋力向上の詰碁137

【黒先黒生:上級~有段者】絶体絶命に見える形ですが、諦めるのはまだ早いです。白の欠陥を見極めて活路を発見してください。

NO IMAGE

World Go Championship2019ー決勝

3月20日に日本棋院で「World Go Championship2019」の決勝が行われた。韓国の朴廷桓九段が中国の柯潔九段に逆転勝利し、3連覇を果たした。「苦しい碁でしたが、逆転できてうれしい」と優勝インタビューで朴九段は喜びを語った。

NO IMAGE

World Go Championship2019ー準決勝

3月19日に日本棋院で「World Go Championship2019」の準決勝が行われた。日本の井山裕太九段は優勢を築くも、中国の柯潔九段に後半戦で間隙を突かれて無念の敗退。明日の決勝戦は3連覇を狙う韓国の朴廷桓九段と柯潔九段の組み合わせとなった。

NO IMAGE

World Go Championship2019ー1回戦

3月18日に日本棋院で「World Go Championship2019」の1回戦が行われた。日本の井山裕太九段が中国の強豪・江維傑九段に快勝し、準決勝へ勝ち上がった。明日は同所で中国の柯潔九段と対決する。

NO IMAGE

World Go Championship2019ーPre-event

3月17日に第一ホテル東京で「World Go Championship2019」のプレイベントと記者会見が行われた。日本は井山裕太九段と張栩九段が本戦に出場する。明日の1回戦は井山九段vs江維傑九段、張栩九段vs申眞諝九段となった。

棋力向上の詰碁136

【黒先白死:上級~有段者】スペースが広いので、思い切った踏み込みが求められます。ヒントは隅の特性を活用することです。

棋力向上の詰碁135

【黒先白死:上級~有段者】実戦なら完全に生きていると錯覚するかもしれません。白の牙城を切り崩す糸口を探してみてください。

棋力向上の詰碁134

【黒先白死:上級~有段者】本題は初手を発見してから最後まで丁寧に読み切れるかがポイント。相手の抵抗に注意して、牙城を攻略してください。

棋力向上の詰碁133

【黒先白死:中級~上級者】小さい詰碁ですが、意外と粘りの利く形です。コウの粘りに注意して、しっかり仕留めてください。

棋力向上の詰碁132

【黒先黒生:中級~上級者】スペース不足に見える形でも、隅が絡む場合は粘りがあるものです。隅の特性を利用した活路を見つけてください。

三々定石の難解変化(4)

囲碁AIにより、序盤早々の三々入りは代表的な戦術でこれから先もたくさん打たれるはず。多くの囲碁AI戦術がある中で、未だに三々入りがよく打たれていることからも明らかだ。知識があるかないかで対局前から差が広がるので、しっかり準備したいところ。

三々定石の難解変化(3)

前回は相手の出方を見て打ち方を変える戦術が功を奏し、黒良しのワカレになった。しかし、その上をさらに超える白の返し技があるので、今回はその変化を紹介していく。人によっては少し違和感が覚える進行であり、納得しがたい変化かもしれない。

三々定石の難解変化(2)

前回は白の意図する進行を紹介したので、今回はそれを打開する手段を模索する。石の入り組んだ定石であり、相手の意図を外そうとすれば自ずと大型の定石へ突入する。流行形でよく打たれる形なので、複雑な変化の大まかな考え方は押さえておきたいところ。

三々定石の難解変化(1)

囲碁AIにより、三々定石の進化が爆発的に早くなっている。一時前は級位者が最初に覚える基本定石と謳われたが、今では口が裂けても言えない難解形。今回は数回に分けて、難解形の一つを詳細に解析していくので、参考になれば幸いだ。