ツケ二段の有力戦型(1)

黒番の打ち方が課題

今回は最近よく打たれる「ツケ二段」の有力な戦型を紹介していきます。
三連星や中国流といった戦型が次々に攻略され、黒番の打ち方が難しくなっています。
そこで、黒番で序盤から優勢を確保できる数少ない戦型の一つを解説していきます。


【テーマ図:流行手法への対抗策】
黒1に白2、4と手堅く守るのが最近打たれ始めた手法の一つ。
左上の黒が重くなっており、後に白Aなどのハサミが厳しくなっている意図があります。
左辺を守るのは出遅れた碁形となるため、黒5から9と積極的に打つのが有力です。


白10から14が無難な受けだが、現局面ではあまり良くないようです。
黒15と押された瞬間、左下の白がダメヅマリで身動きの取りづらい格好になっています。


白16の様子見に黒Aと素直に受けるのも有力ですが、ここでは黒17をオススメします。
白18の受けさせて左辺を重くした後、黒19から21と圧力をかけるのが有力です。


白22の瞬間、黒23と白24を交換してから黒25と封鎖するのが黒の意図する展開。
白はAやBの味を横目に大場に走るのが相場ですが、これはやや黒厚いワカレのようです。


白26から30と左下の黒を制すなら、黒31と大場に回って足早な展開を築けます。
左辺の厚みが▲の助けにも働いている上、左辺の黒陣が大きくまとまる可能性もあります。
また、黒A、白B、黒Cとさらに中央を厚くする手段もあり、黒の楽しみが多い局面です。



【参考図1:反発への反撃】
前図の変化を避けるため、白2から4と我慢する変化も考えられます。
綺麗に左辺の白を封鎖することが難しく、黒5と助け出す進行となります。


白6の動き出しに、黒7と眼形を奪うのが厳しい追及です。
白8で左下の黒一団が危うく見えますが、黒9が好手で簡単には捕まりません。
続いて、白Aの切りは黒B以下で黒戦える戦型になります。(参考図2参照)


白10、12と補強するなら、黒13と丁寧に守ってAとBを見合いにします。
黒は何れかを打てれば、有利な戦いへ引き込めます。



【参考図2:華麗なサバキ】
白2の切りには黒3から5と受けるのが好手です。
左辺の白が飲み込まれるのは大きいため、助け出す必要がありますが・・・。


白6と助け出さざるを得ませんが、黒7から9と圧力をかけて黒好調です。
白10の抵抗に黒11が飛躍した好手で、黒は左下を補強しながら厚い形を得られます。


黒Aが利いているため、白12から16と素直に受けるところ。
黒19まで、左下の安全を確保しながら厚い格好を築けたので黒十分なワカレです。


蛇足ですが、白20から24と左辺を補強する一例を紹介します。
黒25、27と利かした後、黒29から31と左辺の白に圧力をかけて黒有利な戦いです。
全局的に黒が厚い上に、左辺の攻めがまだまだ繋がるので白勝ち難い碁形と言えます。

「編集後記」
今回は黒が有利になる代表的な進行の一部を紹介しました。
40手近く研究するのは当たり前で、それぞれの形について深く研究する必要があります。
次回は今回の変化を踏まえた白の対抗策を解説する予定です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする