第7回CCTV賀歳杯ー決勝戦

朴廷桓九段が2連覇達成!

2月2日に中国・四川で「第7回CCTV賀歳杯」の決勝戦が行われた。
決勝戦は最終盤で優勢の柯潔九段が痛恨のミスをし、韓国の朴廷桓九段が逆転勝利を掴んだ。
朴廷桓九段は2連覇を果たすと同時に、自己成績で初めて白番の柯潔九段を破った。


上記は決勝戦を囲碁AI・絶芸で解析した勝率のグラフ。
波の激しい大乱戦の中、最終盤で白の勝率が急落しているのが見て取れる。
ミスを咎められた瞬間の柯潔九段は動揺を隠せず、大きな素振りを見せていた。
勝ちを確信していただけに、この敗戦はしばらく引きずるかもしれない。
さて、対局を振り返っていきます。


【実戦譜1:布石の革命】

黒番は朴廷桓九段、白番は柯潔九段です。
黒1に白2から4と受けるのは従来では考えづらい手法でした。
現代的な視点では、後に白Aが狙えるので有力手段であると見られている。
白6の三々入りも今では常識となり、カカリが珍しくなりつつある現状である。


黒7から9と手番を優先し、次々に要所を占めるスピード重視の打ち方を選択。
黒13と左下の白にプレッシャーをかけながら左辺の白陣を割っていきます。


白14は相手の石を引き付けて左下隅を固める意図があります。
白を固めたくないため、黒17から19と工夫して左辺を補強する進行を選びます。
白20に黒21と切りを入れて、左辺の競り合いが激しくなっていきます。


白22から28と左辺の黒を封鎖してプレッシャーをかけます。
左辺の黒が弱ければ、左下の白へ追及しづらく間接的に隅への守りにも働きます。
黒は見た目以上に厳しい戦況で、黒苦しい戦いに見えましたが・・・。


黒29に白30と左辺の根拠を奪いにいった瞬間、黒31とツケ返すのが好手となりました。
白32と黒一子を制しても、黒33から37と左下隅に味を残しながら脱出して黒成功です。
序盤で優勢を築いた黒でしたが、中盤で大混戦となり形勢不明となりました。



【実戦譜2:終盤の悲劇】
白1のアテが痛恨のミスとなってしまった。
黒2で切断されるため、白は10目以上の損失を被って急転直下しました。
早碁棋戦であり、様々な思考が今回の大惨事を生んでしまったのかもしれません。
結果、黒7目半勝ち。

「編集後記」
柯潔九段が信じられないミスを最終盤で犯したのは驚きでした。
新年早々、勝負の怖さを痛感させられると共に勝ち切る難しさを再確認しました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする