棋力向上の詰碁110


【黒先白死:有段~高段者】
実戦なら白の懐が広く見えて諦めるかもしれません。
左方の一線の石を活用して、僅かな攻め口を見つけてください。



【正解図:素朴な攻め】
黒1と外側から懐を狭めていくのが好手。
素朴な攻め筋なので、盲点に入るかもしれません。


白2と懐を広げるなら、黒3とツケるのが急所になります。
続いて、白Aは黒B以下符号順で中手となり白死です。


白4には黒5と眼形を崩していくところ。
白6の抵抗に黒A、白Bでコウに持ち込まれたように見えますが・・・。


黒7と白8を交換してから黒9とホウリ込むのが好手順。
白はAと抜いて活路を見出すしかないところ。


白10と抜かれても、黒11で眼あり眼なしで白を取れます。
原型で左方のダメヅマリに注目して、攻め合いを読み切るのが本題の意図でした。

「編集後記」
最近は忙しすぎて目まぐるしい日々を送っています。
年末まであと少しなので、ラストスパートをかけて年末を乗り切りたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする