棋力向上の詰碁107


【黒先白死:有段~高段者】
実戦で時々表れる形ですが、簡単に攻め落とすことができません。
コウに導ければ有段者、無条件で仕留められれば高段者に匹敵する読みです。



【正解図:盲点になる初手】
黒1のオキが白の抵抗手段を封じる好手です。
続いて、白Aと受けるのは黒Bで眼形を奪えます。


白2と抜くのは黒3でAとBを見合いになるので白に脈はありません。
白は左方で二眼を作るように抵抗していきますが・・・。


白4には黒5と右方を欠け眼にしていきます。
白6と連絡を断たれても、黒7と左方の眼を奪って目あり目なしとなり黒成功です。


【正解変化図:無条件で仕留める】
白2の抵抗も有力ですが、黒3から5と中から眼を奪えます。
白Aは黒Bで前図同様に取られるため、別の抵抗手段を講じていきます。


白6のワリ込みで腹中の黒に働きかけていきます。
黒7に白8、10とコウに弾いて、コウに持ち込まれたように見えますが・・・。


黒11とコウを拒否する手が成立します。
白12と分断されますが、黒13とダメを詰めれば目あり目なしで白を取れます。


【失敗図:急所に見えるが】
黒1も鋭い攻めですが、逆に白2と急所を占められて無条件で取れません。
この後の攻めは様々ありますが、何れもコウ以下の結果になります。

「編集後記」
実戦形でも意外と攻め筋が周知されていないものもたくさん存在します。
考える力も大切ですが、まずは様々な手に触れて選択肢の幅を広げると良いかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする