棋力向上の詰碁105


【黒先白死:上級~有段者】
白を仕留めるまであと一息ですが、決め手を見つけるのに苦労するかもしれません。
初手の好手を発見して、しっかり取り切りたいところです。



【正解図:初手が肝心】
黒1が眼形を崩す急所になります。
AとBを見合いにして、白に粘る余地を与えません。


白2、4の懐を広げるなら、黒5と眼形を築かれないように攻めていきます。
白6のホウリ込みが有力な抵抗で、黒Aに白Bで無条件で取るのが難しく見えるが・・・。


黒7、9と取られる石を大きくして捨てるのが好手です。
自ら取られる格好に持っていく必要があるため、盲点になるかもしれません。


白10と抜かれますが、黒11で中手となるため白に脈はありません。
原型から白の抵抗も読み切り、本図を導き出せれば相当な実力でしょう。

「編集後記」
手順は長いですが、ポイントとなる場所は数か所です。
強くなればなるほど、途中の一本道が見えるようになり、より深く読めるようになります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする