棋力向上の詰碁104


【黒先白死:有段~高段者】
懐の広い格好なので、容易な攻めでは白の牙城を攻略できません。
思い切った踏み込みから一気に切り崩す突破力が求められます。



【正解図:急所一閃】
黒1と急所を貫くのが好手です。
続いて、白Aと抵抗するのは黒Bで頓死するので・・・。


白2には黒3と連絡するのが決め手となります。
白6まで、無条件で取るのが難しく見えますが、基本死活なのでしっかり仕留めたいところ。


黒7と急所を突いて白に脈はありません。
白8と抵抗しても、黒9から11に白Aと腹中の黒を取りにいけず白死です。


【正解変化図:見合いの筋】
白2と抵抗するのは黒3でAとBを見合いにされて活路はありません。
左方の白はダメヅマリとなっており、粘りの利かない格好となっています。


【失敗図:粘りの筋】
黒1も有力な攻め筋に見えるかもしれません。
しかし、白2の粘りがあり、無条件で仕留める道筋がありません。


黒3、5と左方の眼を奪っても、白6以下でコウに粘られてしまいます。
外側から狭める攻めはうまくいきません。

「編集後記」
明日は中国のトップ棋士と絶芸が公式戦初の二子局が行われる予定です。
どういった碁を見せるのか楽しみですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする