棋力向上の詰碁102


【黒先白死:上級~有段者】
急所はすぐに見えるかもしれませんが、最後まで読み切れるかがポイントです。
コウではなく無条件で仕留める攻め筋を見つけてください。



【正解図:攻めの常套手段】
黒1のオキは白の懐を狭める有名な手筋。
AとBを見合いにして左方のスペースを奪っていきます。


白2には黒3、5と眼を奪っていきます。
続いて、白Aでコウに持ち込まれたように見えますが・・・。


白6には黒7でウッテガエシとなり左方に眼を作れず白死です。
実戦で時々表れる死活なので、しっかり仕留められるようになりたいところ。


【失敗図:手順前後】
黒1と白2の交換を決めてから、黒3と急所を突くのは手順前後。
白4にアテられて白を無条件で取る手段が失われます。


黒5と連絡できますが、白6から8で二眼を確保されて黒失敗です。
手順の差で結果が大きく変わるため、注意しなければなりません。

「編集後記」
実戦的な問題は手順が長くなりがちですが、基本手筋の連続である場合が多いです。
問題を解くのに苦労している方は、簡単な問題で基本を固めると良いかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする