野狐囲碁、絶芸解説公開!

10月30日に野狐囲碁のアップグレードが行われ、絶芸解説が公開された。
解説されている棋譜は限られているが、囲碁AIとの一致率や勝率のグラフなど詳細に見れる。
囲碁AIと合致しない場合、囲碁AIの最善手に対する変化も見れるので参考になるだろう。
※野狐囲碁の右側に「絶芸解説」というものがあり、そこを押せば見れます。


また、囲碁AIとの合致率を表す図も簡単に出せる。
上図のように、区間ごとに一致率をパーセンテージで表せるのは非常に画期的だ。
言い換えれば、囲碁AIを一部使っていこうと判定しようと思えばソフト打ちを断定できる。
これは、野狐囲碁側がいつでもソフト打ちを取り締まれることを示唆していると感じる。


この図は形勢が大きく傾いた場所を示している。
棋譜の解説を見る際、効率よく見れるので非常に効果的なツールと言えそうだ。
棋力に関係なく、数値として出されているため、棋譜を読み解くのに役に立つだろう。

中国棋士は際限なく使えることを考えると、非常に効率的な研究を進められるように感じる。
すでに絶芸は世界一の囲碁AIであり、LeelaZeroやELFOpenGoの追随を許さない体制である。
中国の層の厚さと設備の豊かさが強さを支える基盤の一つと言えそうだ。

「編集後記」
近い将来、こうしたツールが誰しも使える時代になると思います。
公平な勝負の場を作るためにも、大会運営側はいろいろな対策をたてる必要が出てくるはず。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする