カカリ返しの攻防

対局が始まった僅か数手で差が生じることは不思議でない時代となりました。
今回紹介する手法も、6手目までしか進んでないにも関わらず、難しい局面を迎えています。
ここ数年で急速に碁の打ち方が進化しており、研究することは必須と言えそうです。


【テーマ図:様子見のカカリ返し】
黒1のカカリに受けず、白2と相手の出方を見るのが面白い手法。
これは黒Aの両カカリに備えた意味もあり、黒も次の一手が非常に悩ましいところです。
序盤早々ですが、すでに黒は深刻な戦況に立たされているようです。


黒3の両カカリには、白4から6と頭を出すのが無難な対応。
黒7、9は根拠を奪いながら地を稼がれても、白10で戦えるため白悪くないようです。


黒11と左辺の補強を守ると、白12と厳しく迫られて白有利な戦いに引き込まれます。
下辺の攻防になった際、△が下辺の白の補強に活きてくるのがポイントです。


黒13と裂いてきた時に、白14から16と左下を守るのが調子の良い石運び。
白はA~Cと追及する手段があるため、黒は防戦一方となりツライ展開に導かれます。
下辺の白に反撃しづらい碁形であり、黒の両カカリは時期尚早なのかもしれません。


【参考図1:見合いの攻防】
黒1とAの断点を睨みながら左辺の補強を試みても、白2が簡明な好手で黒窮しています。
黒は白BとCを同時に防ぐことができず、何れかの黒が攻められるからです。


黒3と下辺を守るなら、白4と左辺の黒を攻めに回って戦いの主導権を握ります。
黒5と脱出を試みた瞬間、白6と守るのが機敏で黒が一方的に攻められる展開になります。
左上に白地が見込めるだけでなく、△により下辺に大きな黒地がつきづらいのも白の自慢。


【参考図2:攻防の妙手】
黒1と左下の根拠を奪うのは、白2の妙手で黒の眼を奪われながら黒Aの狙いを守られます。
左辺の眼形が失われた以上、黒は中央への脱出を試みなければなりませんが・・・。


黒3には白4から8と厚い形を築いた後、白10と左辺の黒に追及するのが厳しい。
Aなどの利きで白は見た目以上に強い格好である上、左辺の白も立派な形を築けています。
△が来ているため、下辺に大きな黒地を築きづらく白好調な展開と言えます。


【参考図3:打開策の模索】
以上より、打開策として黒1のカカリを打たれる実戦例が増えています。
白2のカカリ返しには黒3と左辺に大きな黒陣を築く構想を描きます。


白4には黒5、7と左上の白に働きかけていくのが現代的な打ち方。
黒Aの両カカリを早々に打つと白の意図にハマるため、保留するのが有力なようです。

「編集後記」
序盤の数手ですが、様々な進行を想定する必要があり碁の打ち方が難しくなっています。
強くなればなるほど、序盤の差は致命的になるため研究する必要があるようです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ゆだ より:

    いつも勉強させてもらっていますm(_ _)m
    最初の図から黒は下辺にハサまないのはなぜでしょう?両ガカリの形は挟む方が有利と古来から言われていると思うのですが…(向かい小目の場合ではありますが)

  2. okao より:

    ハサミも考えられますが、白に両カカリされて先手で右下隅荒らされるのが不満です。もちろん、致命的な差はつかないので、足の遅さを覚悟して外周で打つのもあると思います。

  3. ゆだ より:

    コメントありがとうございます。なるほど…両ガカリされると、足早に展開されていくのは避けられないということですか(*_*)