棋力向上の詰碁98


【黒先白死:上級~有段者】
白は上方に一眼を確保しているので、下方の根拠を奪えるかが焦点。
ダメヅマリの活用に気づけば、白の牙城を崩す手がかりが掴めるはずです。



【正解図:深く踏み込む】
黒1と下方の眼を根こそぎ奪うのは好手。
白はダメヅマリにより、下方の黒を取ることができません。


白2と飲み込みにきても、黒3から5に白Aから取りにいけず白死。
原型からダメヅマリに気づけるようになれば、応用範囲が広がっていきます。

「編集後記」
碁がどんなに変化しても、読みの力は必要不可欠になっていきます。
そうした意味で詰碁をたくさん解く、繰り返し解くことは間違いのない勉強と言えそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする