2018年10月一覧

野狐囲碁、絶芸解説公開!

10月30日に野狐囲碁のアップグレードが行われ、絶芸解説が公開された。解説されている棋譜は限られているが、囲碁AIとの一致率や勝率のグラフなど詳細に見れる。囲碁AIと合致しない場合、囲碁AIの最善手に対する変化も見れるので参考になるだろう。

棋力向上の詰碁101

【黒先コウ:上級~有段者】実戦で時々表れる形ですが、意外と厳しく追及する方が少ないように思われます。詰碁を通して、こうした形の危機感を感じ取れれば大きく飛躍できるはずです。

棋力向上の詰碁100

【黒先白死:中級~上級者】範囲の限られたスペースですが、実戦では間違えることも多々あります。詰碁を繰り返し解くことで、そうしたミスをなくすのが上達への第一歩です。

カカリ返しの攻防

対局が始まった僅か数手で差が生じることは不思議でない時代となりました。今回紹介する手法も、6手目までしか進んでないにも関わらず、難しい局面を迎えています。ここ数年で急速に碁の打ち方が進化しており、研究することは必須と言えそうです。

棋力向上の詰碁99

【黒先白死:上級~有段者】スペースの広い格好なので、ダメヅマリをいかに活用するかがポイント。こうした問題をすんなり解けるようになれば、相当な実力と言えるでしょう。

棋力向上の詰碁98

【黒先白死:上級~有段者】白は上方に一眼を確保しているので、下方の根拠を奪えるかが焦点。ダメヅマリの活用に気づけば、白の牙城を崩す手がかりが掴めるはずです。

棋力向上の詰碁97

【黒先白死:上級~有段者】右方の黒二子が残っている上に、左方に眼を作る余裕もある格好をしています。初手の攻め筋を探して、白の防衛網を切り崩してください。

棋力向上の詰碁96

【黒先白死:上級~有段者】懐が広いように見えますが、左方のダメヅマリを活用すれば突破口を見出せます。白の抵抗手段を与えないように、厳しく踏み込んでいきたいところ。

棋力向上の詰碁95

【黒先黒生:中級~上級者】白一子の傷をどう活用して懐を広げるかがポイントです。安易に生きを図ろうとすると、白の思わぬ反撃にあうかもしれません。

棋力向上の詰碁94

【黒先白死:中級~上級者】下方がダメヅマリとなっており、一筋縄で白陣を切り崩せません。オイオトシを避けながら攻める筋道を探してください。

棋力向上の詰碁93

【黒先黒生:中級~上級者】狭いスペースに見えても、ひと工夫すれば活路を見出せます。まずは懐を広げるべきか、眼形を築きにいくべきか考えてみてください。

棋力向上の詰碁92

【黒先白死:上級~有段者】限られたスペースですが、左右に一眼ずつあるように見えて苦戦するかもしれません。ヒントは白をダメヅマリへ導いていくことです。

棋力向上の詰碁91

【黒先白死:上級~有段者】左方がスカスカしている状況なので、生きていると錯覚するかもしれません。白のダメヅマリを突いて、白の退路を断ってください。

NO IMAGE

シチョウの読み方

シチョウの読みは単純なものが多いですが、全てを読み切るとなると相当な時間を有します。そこで、今回は小技で短時間で正確にシチョウを読み切れる小技を紹介。持時間が限られる場合、勝負所に時間を残せる効果が期待できます。

棋力向上の詰碁90

【黒先白死:上級~有段者】基本死活の一つですが、実戦だとコウに持ち込む変化を選ぶ方が多いかもしれません。本題はコウではなく無条件を目指して突破口を見出してください。