囲碁AI・金毛測試の観戦記8

今回は中国流対策の一環として注目されているツケの実戦例を紹介します。
人間界でも時々見られる打ち方ですが、星の三々入りに比べて定着度はまだまだ低いです。
時代を先取りした手法を使えるようになれば、碁敵を見返すことができるかもしれません。


【実戦譜:中国流対策の手法】
黒番は墨耘、白番は金毛測試です。
白1と小目にツケていくのが囲碁AI特有の手法。
特に模様を荒らしにいく際に用いられることが多く、サバキやすい形を得やすいようです。


黒2と相手に調子を与えないように受けるのが無難。
しかし、白3から7と整形されて見た目以上に弾力ある形を築かれてしまいます。
これで黒の厳しい攻めが続きづらく、模様を荒らす際には有力な手法と言えるでしょう。


黒8と右下の白を追及していきたいところ。
ただし、白9と黒10を交換した後に白11とコウに弾くのが好手順でした。
黒12とコウを抜かれても、白13のノゾキがコウ材になるからです。


黒14と受けざるを得ないところ。
黒16と左下にコウ材を求めますが、構わず白17と抜くのが大きいです。
右下の白が強くなると、AのハサミやBの打ち込みが狙えるので白十分な展開。


黒18と外回りを厚くしますが、白19から23で連打した割には黒得できていません。
右下の黒が弱いため、黒24と下辺に構えなければならないのが黒の泣き所。
白に手番が回ってきたので、白25と右上を補強すれば全局的に白走っている碁形と言えます。
右辺の黒陣に中国流の面影がなく、白は主導権を奪うことに成功しています。
結果、白中押し勝ち。

「編集後記」
囲碁AIの手法は有力に見えますが、実際使ってみると相当難しいことに気づきます。
実戦で使う場合はある程度研究する必要があるかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする