囲碁AI・金毛測試の観戦記6

三々定石の変化は少しずつ収束し、特定の形が多く見られるようになりました。
今回紹介する棋譜はその中の変化の一つで、三々を打つ方なら一度は体験する変化でしょう。
これから三々へ入る機会が多くなると思うので、眼を通しておいて損はないはずです。


【実戦譜:流行形の三々定石】
黒番が若只如初見、白番は金毛測試です。
黒1の三々入りに白2、4と受けるのが主流です。
続いて、黒Aなら穏やかな変化になりますが、黒5を選択する実戦例が急増しています。
複雑な変化になる可能性も高く、深い研究が必要な手法と言えるでしょう。


白6と右辺への進出を止めるのは当然の一手。
黒7から11の出切りまでほぼ一本道ですが、ここから難解な変化に進んでいきます。


左下の白がそのまま取られては大きすぎるので、白12と動き出すところ。
黒13、15と応じた瞬間、白16のツギで受けるのが最近よく打たれる変化。
世界戦でも数多く表れており、人間界では有力であると見られているようです。


黒17と左下の白三子を取りにいく一手。
白18から22と捨て石を活用して外を厚くし、白24から28と中央の戦いで対抗していきます。
黒は地を稼ぎましたが、外回りが白一色なので容易な戦いではありません。


黒29には白30と左下を補強しながら下辺を占めるのが相場です。
黒31と押した瞬間、白32と露骨に黒三子を取りにいく変化を選択します。
若干露骨に感じますが、白の薄みが消えるので大きいと見ているのかもしれません。


黒33、35と逃げ出しましたが、これがやり過ぎだったようです。
白36と中央を突き出されては、▲の二子の働きが薄れて白に軍配が上がります。
黒37、39と左辺の白に圧力をかけて中央の代償を求めるも、白40が好手で黒窮します。
AとBを見合いにされて、黒から厳しい攻めを継続するのが難しくなりました。


黒41と要石を助けますが、白42から48と脱出されて黒苦しい戦いを強いられます。
定石後の攻防まで加味しなければならず、より全局を見据えた石運びが求められるようです。
結果、白中押し勝ち。


【参考図:ELFOpenGoの見解】
白1のツケコシに黒2、4と中央を厚くして黒十分とELFOpenGoは判断しています。
AやBなどの利きが下辺を荒らす手がかりになりそうなので黒打ちやすいかもしれません。
ただし、白の厚みも堅固になるため、一長一短な気もします。

「編集後記」
囲碁AIの登場により、研究のスペードが飛躍的に早くなっています。
数週間前の定石が昔のものであるような扱いをされるため、最新形の情報収集は重要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする