囲碁AI・Golaxyの二子局始動


8月20日に野狐囲碁で囲碁AI・Golaxy(星陣囲碁)が棋士に2子局で対局し始めた。
Golaxyは2018中信証券杯世界囲碁AI大会で優勝しており、世界指折りの強さを誇っている。
実際、棋士に2子局で13勝2敗(8/21-00:00現在)と勝ち越す驚異的な記録を残している。
三々入りも多用しているのも印象的で、応用範囲の広い戦術であることを証明した。

今日の対局を見る限りでは、Golaxyは自由奔放に打っている感じであった。
戦術の幅が広いため、毎局ごとに新しい打ち方を見せてくれるのが魅力的だ。
野狐囲碁は中国の囲碁AIを積極的に活用しており、これからの展望に期待したい。

「編集後記」
世界トップ棋士も二子局で臨んでいますが、負け越している現実があります。
囲碁AIの強さの底は未だ見えず、強くなり続けています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする