両カカリの攻防

最近打たれ始めた両カカリの攻防を紹介していきます。
星へのカカリに対して、手抜きする実戦例が増えて両カカリの攻防がよく現れます。
この形に限らず、様々な局面で出現するので、ある程度の変化を押さえたいところです。


【テーマ図:両カカリの攻防】
黒1に受けず、白2と反発する実戦例をよく見かけます。
黒3の両カカリを許しても、様々なかわし方があるので白悪くないと見ているようです。
通常は2対1の戦場であり黒有利な戦いになる理屈ですが、黒も容易ではありません。
なぜなら、数の利点を活かして大きな戦果を上げなければならないからです。


白4、6と受けるのが自然な対応
黒7と左下の白の根拠を脅かしながら地を稼ぐのが最近の打ち方。
黒9に様々な受け方がありますが、この碁形では白10のツギを選択することが多いです。


黒11までよくある進行ですが、ここで白12のトビが最近打たれ始めた戦型です。
下辺の黒を攻められてはいけないため、黒13など一手備える必要があります。
白14と左辺に迫れば、左上に白が配石されているので白有利な戦いになるように見えます。
しかし、黒Aの傷が見られる短所もあり、必ずしも白良しになるとは限らないようです。


黒15と露骨に脱出を図るのが堅実。
白16から20と追及しても、黒21が急所で左辺への厳しい攻めが続きません。
続いて、白は黒Aの断点を守る必要がありますが・・・。


白22と守るのは仕方ないところ。
黒23が左下を補強しながら右下のハサミに働く一石二鳥の好点となります。
白Aと封鎖されても、黒Bで治まるので左辺の黒は見た目以上に強い石です。


黒25から29と先手で右下を処理した後、黒31から頭を出すのが交点。
左辺の黒は強いので、黒37と追及できるので黒が主導権を握った展開となります。
見た目は白有利な戦いに見えましたが、いつの間にか黒打てる局面に変わりました。


【参考図1:軽くかわす石運び】
白2と黒3を交換してから、白4と根拠を確保するのが手堅い。
黒5の脱出には白6と左辺に備えて地を稼ぎつつ、左辺の攻めを遠目から狙います。
続いて、黒Aの切りは白Bのマガリを手がかりに戦う要領です。


【参考図2:受けない理由】
白2と受けた場合、黒3と三々入りに回られて黒の意図する展開になります。
カカリに反発する理由は、黒の用意した戦術を崩す意味が込められています。


実戦例の一つですが、黒15から17と手堅く整形するのが有力で黒悪くない序盤戦です。
テーマ図の進行はこうした意図を未然に防ぐ対抗策として研究されています。

「編集後記」
日進月歩で進化し続ける現代の碁は、流行を追うのも一苦労だと思います。
まずはプロ棋戦を観戦して目新しい戦術があったら、メモすると良いかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする