三々定石の流行形

囲碁AIの登場により、三々定石が急速に発展してきています。
現代では些細な違いで打ち方が変わっており、綿密な研究と知識が必要です。
今回は最近よく打たれる形の一つを紹介していきます。


【テーマ図:三々定石の進化】

序盤早々、黒1と三々入りするのは今では常識になりつつある戦術です。
この碁形では白2、4に黒5のツケで頑張るのが人間界での流行りとなっています。
これに対しての受けはほぼ決まっており、その後の進行に注目してほしいところ。


白6と左辺方面への進出を止めるのは当然の一手。
黒7、9と白の厚みに傷をつけたい際、どちらを切るかがこの戦型の肝です。
以前まで、黒Aと切る実戦例がほとんどでしたが、現在は黒Bを選択する傾向です。


黒11の切りが人間界で打たれ始めた手法です。
左下の白が味良く取られないよう、白12と動き出して抵抗するのが当然の一手。
黒13、15を利かしてから、黒17と手を戻すまではほぼ一本道の変化です。


左下の白を捨て石に、白18から22と利かして外周を厚くしていきます。
しかし、黒に実利を稼がれながら外周を傷を残されては白若干不満なワカレです。
黒25の大場に先着されるため、左辺の白模様化も難しく黒足早な展開と言えるでしょう。


【参考図:切りの対応策】
黒1と上を切るのが従来の手法でした。
白2に黒3、5と左下を補強すれば、傷をつけながら守れると考えられていました。
しかし、白6と外して守るのが有力で、効果的に黒の狙いをかわされてしまいます。


黒7の切りを許しますが、構わず白8と手を戻すのが手厚い。
前図の変化と違い、左下隅への寄り付きを見たA~Cの利きがあるのが大きいです。
状況に合わせて利きを使い分けられるのは、見た目以上に大きな利点です。

「編集後記」
三々の定石はこれから進化する形なので、対策や利点を知っておく必要があります。
今回、紹介していない難しい変化もあるため、使う場合は研究しておきたいところ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする