棋力向上の詰碁69


【黒先黒生:上級~有段者】
隅の形は粘りが利く場なので、詰碁を通してシノギ筋はたくさん覚えたいところ。
本題も隅の死活でよく表れる急所なため、解けるようになってほしいです。



【正解図:隅の急所は2の1にあり】
黒1が隅の死活で急所になりやすい地点です。
本題はAとBが見合いで白の攻めが続かない格好となっています。


白2と急所を突くなら、黒3と右方の眼を作って黒生きです。
白4から6でコウに持ち込まれたように見えますが・・・。


黒7、9と白をオイオトシに導くのが決め手。
本題のように、急所を見極めれば隅は簡単に取られにくい場です。


【失敗図:見合いの筋】
黒1も隅の急所に見えますが、白2から4でAとBを見合いにされて白死です。
一手の違いで大きな差が生じるので、慎重に手を選ぶ必要があります。

「編集後記」
詰碁として解く分には簡単に思えますが、実戦では有段者でさえ見逃すことがあります。
実戦で使えるようになるため、繰り返し解いて瞬時に解けるレベルになっておきたいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする