棋力向上の詰碁59


【黒先白死:中級~上級者】
一線の配置は死活に大きな影響を与えることが多いポジションです。
本題もその点に注目すれば、正解が見えてくるはずです。



【正解図:手順が肝心】
黒1と白2を交換してから、黒3の急所を突くのが好手順。
続いて、白Aと連絡を立つのは黒Bでオイオトシとなるため・・・。


白4と抵抗しても、黒5に白Aと分断できないので白死です。
一線の配石が白をダメヅマリに導く働きを担っています。


【失敗図:似た攻め筋だが】
黒1、3は手順前後。
白4でAとBを見合いにされ、黒の攻めが繋がりません。

「編集後記」
詰碁は継続して行うことが大切なので、簡単な問題を毎日解くのが良さそうです。
難しすぎる問題は続かないためオススメしません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする