棋力向上の詰碁57


【黒先コウ:有段~高段者】
白は黒二子取りを残しており、万全の体制に見えるかもしれません。
こうした形の急所が見えるようになると、僅かなダメヅマリの味が見えてきます。



【正解図:間隙を突く】
黒1のツケが会心の攻め筋です。
白からいろいろな抵抗がありますが、いずれも無条件生きにはなりません。


白2と眼形を築きにくるなら黒3とサシ込むのが決め手です。
続いて、白Aと隅に眼を作ろうとするのは黒Bでコウになります。


白4と黒二子を取るのが最善の抵抗ですが、黒5で白有利な二段コウになります。
眼形豊富に見える形でも、攻め方を工夫すれば手になる可能性もあります。


【正解変化図1:ダメヅマリ】
先に白2と黒二子を制すのは、黒3と中の眼形を奪うのが好手。
黒Aの連絡を見られているので白は分断しなければなりませんが・・・。


白4と遮られても、黒5から7とコウに持ち込んで黒成功です。
隅の特殊性を活かした粘りの攻め筋でした。


【正解変化図2:見合い】
白2と懐を広げる変化も考えられます。
しかし、黒3でAとBを見合いにできるので白を無条件で取れる形となります。

「編集後記」
本題は小さい詰碁ですが、考えることが見た目以上多いので難しい類に入ります。
どうしても解けない場合は深く悩まずに答えを見て次に解けるようにするのも一つの手です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする