棋力向上の詰碁47


【黒先コウ:上級~有段者】
左右に一眼ずつあるように見えて、実戦なら生きていると錯覚するかもしれません。
こうした形で手を発見できる嗅覚が身につくと、急速に棋力が向上します。



【正解図:隅の急所】
黒1のツケは隅の死活で生じやすい攻め筋の一つ。
白が無条件で生きるに道はありません。


白2と抵抗するなら、黒3と左方の眼を崩していきます。
左方の眼は黒にAやBを見られており、眼を作りづらい格好です。


白4が最善の抵抗ですが、黒5でコウとなり黒成功です。
左方の眼が見た目以上に薄いことに気づけるかがポイントでした。


【正解変化図:ダメヅマリ】
黒1に白2と抵抗する変化も考えられます。
しかし、黒3のホウリ込みが好手で白に脈はありません。


白4と抜く一手ですが、黒5でオステナシとなり白を取れます。
強引に左方で眼を築こうとすると、ダメヅマリに導くことができます。

「編集後記」
本題は保留コウと二段コウの結論がありますが、どちらが優れているか判断が難しいです。
実戦的には保留コウの方が良い場合があり、詰碁的には最善に二段コウが優れています。
今度、コラムとして紹介していこうと思います。(正解図の最終図が保留コウです)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする