棋力向上の詰碁46


【黒先白死:上級~有段者】
白は一眼を確保しているので、下方の眼を奪えるかが焦点です。
実戦で時々現れる破眼の手筋で覚えておくと役立つ時があります。



【正解図:死活の常套手段】
黒1のツケが死活でよく現れる手筋です。
この形に限らず、様々な場面で応用が利きます。


下方で眼を確保しようと、白2から4と抵抗していきます。
一見、黒一子が飲まれて攻めが途切れたように見えますが・・・。


黒5がアタリとなるので下方の眼を奪えます。
初手のツケは白をダメヅマリに導いて、本図の変化に導く攻め筋でした。

「編集後記」
急ぎの仕事に目処が立ち、ようやく一息つける感じになりました。
明日から通常通り記事を書いていけると思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする