棋力向上の詰碁44


【黒先白死:上級~有段者】
考える範囲が広く、実戦なら諦めてしまうかもしれません。
ヒントは急がず焦らずに攻めることです。



【正解図:急がば回れ】
黒1のサガリが盲点になりがちな好手です。
足が遅い攻めに見えますが、白の抵抗手段を封じています。


白2と懐を広げるのは、黒3から5と眼形を崩すのが決め手。
白は下方に二眼作ることができず、白死です。


白6と遮るなら黒7、9で中手に導けます。
本題のように、冷静に攻めるのが厳しい場合があります。


【失敗図:焦り過ぎ】
直接、黒1と攻めるのは早計です。
白2から4の受けで黒の攻めが切れてしまいます。


黒5、7と攻めても、白8が生き形となります。
続いて、黒Aとツイでもセキにしかならず、黒失敗です。

「編集後記」
LeelaZeroの検討用の紹介をする予定でしたが、想定した手順で使えないPCがありました。
検証の時間が必要なので、しばしお待ちください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする