第7回世界女子囲碁団体戦ー二日目

5月11日に中国で「天台山・森然楊帆杯第7回世界女子囲碁団体戦」の2回戦が行われた。
日本は韓国と対戦し0勝3敗で敗れ、優勝戦線から外れる結果となった。
以下に本日の結果をまとめたので参照ください。(左側が勝者)

【5月11日(金):2回戦の結果】
<中国ー台湾>
於之瑩六段(中)ー黒嘉嘉七段(台)
芮乃偉九段(中)ー楊子萱二段(台)
李赫五段(中)ー張凱馨五段(台)

<韓国ー日本>
崔精九段(韓)ー謝依旻六段(日)
呉侑珍五段(韓)ー藤沢里菜四段(日)
金彩瑛四段(韓)ー上野愛咲美二段(日)

中国 韓国 日本 台湾 勝数 勝星 順位
中国 2-1 3-0
韓国 1-2 3-0
日本 0-3 1-2
台湾 0-3 2-1

中韓の壁は厚く、女流囲碁界では中韓二強の構図になっている。
囲碁AIの打ち方も進んで取り入れており、碁の質も大きく異なる印象を受けた。
日本も世界戦で勝つ姿を見るようになったが、越えるべき課題は山積しているようだ。
さて、対局を振り返っていきます。


【実戦譜1:明るい大局観】
黒番は藤沢里菜四段、白番は呉侑珍五段です。
白1と地に辛く右辺の黒陣を割り、足早な展開を目指すのが面白い着想。
序盤から二線に打つのは悪そうだが、先の打ち方を見ると黒容易でないことに気づきます。


黒2から8と厚い形を築く定石を選択。
右上の厚みが活きないよう、白9と地を稼ぎながら上辺の黒模様化を未然に防ぎます。
白は黒を右辺一辺倒の碁形に導き、黒が取れる戦術の幅を狭める構想を描きます。


黒10は右下一帯の模様を広げる好点に見えたが、白11がそれを上回る好手となった。
黒模様を制限しながら左辺の白陣を広げる狙いがあり、白が一局の主導権を握ります。


黒12から20と下辺を固めたものの、白21で左辺のスケールが大きく白打ちやすい碁形。
中央の主導権を握ることで、右上の厚みの働きを削ぎつつ右辺の発展性を制限できています。
囲碁AIに近い感覚で打ち進めており、人間も少しずつ囲碁AIの強さを吸収しているようです。
結果、白中押し勝ち。



【実戦図2:於之瑩六段の十八番】
黒番は於之瑩六段、白番は黒嘉嘉七段です。
黒1から9は於之瑩六段が得意とする戦型の一つ。
上辺の戦いにも強く戦える上に、右上の構えを基点に模様を広げる可能性を秘めた戦術です。


白10のワリ打ちは黒模様拡大を牽制する意図。
この戦型は黒11から13と右辺を迫りながら地を固めるのが特徴的です。
黒薄い形に見えますが、右辺の白も根拠がはっきりしないので薄みを突きづらい碁形です。


白14と右辺を守るのが相場。
黒15は下辺の模様を広げる意図があるため、AやBを受けずに白16と反発していきます。


黒17、19と下辺を分断するのは当然の一手。
白20から26で左下と下辺の両方を回れたように見えるが、AやBの隙があり白薄い碁形です。
黒は右辺の攻めも狙える局面があり、黒の楽しみが多い局面になりました。
結果、黒中押し勝ち。

「編集後記」
最近は忙しい反面、いろいろと学ぶことや変えるべきことが見えてきてました。
来週から再来週にかけてさらに忙しくなるため、軽めの記事が多くなるかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする