囲碁AI・ELFOpenGo対人間【第3局】

第3局は囲碁AI・ELFOpenGoが黒番を持った対局です。
白番の時よりもグラフの変化が安定しており、着実に勝利へ前進している印象を受けます。
コミの負担があるので緩んだ手を打つ余裕がなく、一手毎の精度が上がるのかもしれません。


【実戦譜:対二連星の布石】
黒番がELFOpenGo、白番が韓国棋士です。
白の二連星に対して、LeelaZero戦も含めた全ての対局で黒1、3の戦術を採用しています。
右上の対応次第でAやBなど臨機応変に応じる意図があり、受け方が悩ましい局面です。


白4、6と手番を得る定石を選択するが、黒7から9と冷静に受けられた後が難しいです。
例えば、白Aと広げるのは黒Bで右上の白が攻められる可能性があるからです。


右上の白を攻められないよう、白10と手堅いヒラキを選びます。
しかし、黒11が地を稼ぎつつAやBの狙いを見た好点となり、上辺の白陣が薄くなります。
囲碁AIの三々入りは厚みを攻める意図があり、厚みを厚みとして活かすのが難しいです。


白12のカカリに黒13、15と受けるのが、ELFOpenGoがよく用いる手法です。
一見すると、AやBの隙が残るため地を稼いでいるようには見えませんが・・・。


白16と左下の黒に圧力をかける手には、黒17から19と応じるのが簡明でした。
黒は左辺か左下の白を追及できれば、黒悪くない展開になると判断しているようです。


左辺を連打されないよう、白20から22と補強していきます。
しかし、白Aが狙いづらい形となるため、▲と△の交換が黒良しに働いてきます。
黒23が左下の白を攻めながら下辺の白陣を割る好点となっています。


白24と逃げ出すのは当然の一手。
黒25から29と中央へ進出しても、△があるため下辺の厚さが活かしづらい格好です。
人間的には左辺と左下の白を十分な格好でシノゲたので白悪くないように映ります。


黒31と右下の白を追及しながら地を稼ぐのが厳しい一手でした。
黒37まで、Aの出切りやBから白全体を攻める狙いがあり白容易ではありません。


白38は黒の包囲網を破りつつ、黒Aの狙いを防ぐ苦心の一着。
しかし、黒41が急所となっており、いつの間にか右下一帯の白が薄い格好に導かれています。


白42、44と右辺の黒に反撃を試みますが、黒47から53と収まられて攻めが続きません。
右下の白が薄いため、下辺の黒を厳しく攻めるのも難しく、黒の実利に軍配が上がります。
コミの負担が重いのもあり、黒番の打ち方は非常に積極的な打ち方になっている気がします。
結果、黒中押し勝ち。


【参考図1:厚みが活かせない】
白2と右辺方向に厚みを築くのも考えられます。
しかし、黒3から9と先手を取られると、黒11に先着されて白の厚みの働きを削がれます。


【参考図2:地に辛い進行】
実戦のように下辺を割られないよう、白1と構えるのは甘いです。
黒2から6など隅を固める手段があり、かえって左下隅を固める調子を与えてしまいます。

「編集後記」
参考図を増やしたいところですが、同じ碁形がたくさん出るのでその都度説明する予定です。
明日は女流世界戦の記事を執筆します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする