第1回呉清源杯世界女子囲碁選手権ー初日

4月26日に中国・福州で「第1回呉清源杯世界女子囲碁選手権」が開幕した。
持時間2時間、1分の秒読み5回の中国ルール(コミ7目半)で行われる。
優勝賞金は50万元(約863万円)、準優勝は20万元(約345万円)だ。
初日の予選結果と明日の組合せを以下にまとめました。(左側が勝者)

【4月26日(木):北米・欧州予選結果】
余瑾アマ(北米)ーLaura Avramアマ(欧)
豊雲九段(北米)ーNataliaKovalevaアマ(欧)
殷明明初段(北米)-ElvinaKarlsbergアマ(欧)
Rita Pocsaiアマ(欧)-蘇格平アマ(北米)

【4月27日(金):本戦1回戦組合せ】
尹渠二段(中)ー豊雲九段(北米)
李赫五段(中)ー楊子萱二段(台)
張璇八段(中)ーRita Pocsaiアマ(欧)
呉政娥三段(韓)ー郭鵑五段(欧)
金彩瑛三段(韓)ー牛栄子二段(日)
於之瑩六段(中)ー殷明明初段(北米)
陸敏全四段(中)ーManja Marzアマ(欧)
上野愛咲美二段(日)ー余瑾アマ(北米)

※2回戦シード選手
中国:芮廼偉九段、王晨星五段、高星四段
韓国:崔精九段、呉侑珍五段
日本:謝依旻六段藤沢里菜四段
台湾:黒嘉嘉七段

日本は謝依旻六段、藤沢里菜四段、上野愛咲美二段、牛栄子二段の4名が出場する。
国内で勢いのある若手4名が出場する布陣なので、大きく躍進してほしいところだ。
また、本棋戦と並行して囲碁AI世界大会と柯潔九段vs囲碁AI・星陣の対局が行われる。
本ブログでは全体の動向をできる範囲で追っていく予定だ。

「編集後記」
明日以降は様々なイベントが同時並行に行われるので、賑やかな数日を向かえそうです。
見たい対局が多く、睡眠時間が足りるか心配になってきましたw

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする