棋力向上の詰碁39


【黒先黒生:中級~上級者】
白に急所を突かれた格好ですが、冷静に応じれば活路を見出せます。
有段者の方でも初手の好手を見逃すかもしれません。



【正解図:冷静な好手】
黒1と手を戻すのが盲点になりがちな好手です。
続いて、白Aと狭めるのは黒Bで黒生きなので・・・。


白2と眼形を崩しにきた瞬間、黒3とグズむのが決め手です。
AとBを見合いにして黒生きています。(白Aは黒Bでセキ)


【失敗図1:急所に見えるが】
黒1は白2と追及する手段があり黒窮しています。
黒3とコウに粘るのが精一杯ですが、コウは黒失敗です。


【失敗図2:手順前後】
黒1と懐を広げてから黒3と手を戻すのは手順前後。
白4でAとBが見合いにされ、中手に持ち込まれてしまいます。

「編集後記」
久しぶりに級位者や有段者の碁を見たのですが、全く布石がなくてビックリしました。
ただ、全局的な打ち方は言うほど簡単ではないため、どう伝えていくべきか苦慮しています。
実戦だと処理すべき情報が多いのもあり、迷いが生じてしまうのかもしれませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. キクヤン より:

    いつも参考にさせていただいているキクヤンです。
    >全く布石がなくてビックリ

    そういう実戦例を、こう打った方が全体として得になるという、手直しして示してもらえば、なるほどと納得できそうに思いました。