棋力向上の詰碁38


【黒先コウ:上級~有段者】
初手の候補は絞られますが、最善の結果に辿り着くのは難しいです。
本題の攻め筋を覚えていれば、碁敵に差をつけられるかもしれません。



【正解図:急所のオキ】
黒1と急所を突くのが出発点。
白から様々な抵抗がありますが、黒はコウ以上の戦果を上げられます。


白2のツギには黒3の切りが好手となります。
続いて、白Aと眼を持つのは黒Bで左方の眼を奪えるので・・・。


白4と抵抗する一手ですが、黒5と粘る筋がありコウに持ち込んで正解。
本題は黒5に白Aと黒を取りにいけないのがポイントです。(下記の図を参照)


【参考図:ダメヅマリ】
前図でコウを抜かず、白1と取りにいくのは黒2のツギで白に脈がありません。
白Aと眼を作れないので、白は黒四子を抜くところですが・・・。


白3と抜かれても、黒4と急所を突けば無条件で白を取れています。
白5で左方に眼を作られますが、黒6とオステナシの形に導けば黒成功です。
本題は「なぜコウなのか」読み取らないといけないので難易度の高い問題です。


【正解変化図:一線の威力】
正解手順を避けるため、白2と断点を守るのは抵抗不足。
▲の配石により、黒3と冷静に受けられて連絡を断つ手段がなく白死です。



【参考図:守り方の工夫】
本題の問題を解けると、黒1から3とハネツギに対してどう守るべきか悩むはずです。
なぜなら、白Aの受けは黒Bが隅の死活を睨んだ利きになる可能性が高いからです。


下辺に悪影響を及ぼしたくない場合は、白4と受けるのが好手になります。
黒Aのサガリが利かない形で生きれば、僅かに下辺での戦いが楽になるはずです。
しかし、地の損がある打ち方なので状況に応じて使い分ける必要があります。
強くなればなるほど、こうした僅かな差に敏感になるものです。

「編集後記」
詰碁を実戦的に応用しようと思うのは、かなり難しい技術だと思います。
ただし、強くなればなるほどその僅かな差が大きくなるので避けて通れません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする