棋力向上の詰碁35


【黒先コウ:有段~高段者】
実戦なら誤った攻め方を選択しそうな問題です。
最後まで丁寧に読み切り、白の牙城を切り崩す好手を発見してください。



【正解図:鋭い攻め筋】
黒1のツケが盲点になりやすい急所。
初手の攻め筋を発見できるかが本題を解く最大のポイントです。


白2には黒3と外から受けるのが冷静。
白4の急所を押さえられても、黒5と懐を狭めれば攻めが繋がります。


白6とスペースを広げるなら、黒7と白二子を抜いて黒9と眼形を崩していきます。
ここまで見えれば、一本道の変化に収束します。


白10のツギは当然の抵抗。
黒11に白12のホウリ込みから隅のマガリ四目を防ぐのは大切な手続きです。
黒15まで、白Aと黒を取りにいけないため、コウに持ち込むことができます。


【失敗図1:見た目は急所】
黒1は急所に見えますが、白2とツガれて黒の手が続きません。
続いて、黒Aは白Bで白生きなので黒は中から攻めざるを得ませんが・・・。


黒3など眼形を崩しにきても、白4から6と懐を広げてセキになります。
本題は左方にスペースが空いているため、素直に急所を突くのがうまくいきません。


【失敗図2:隅の手筋】
黒1はコウを目指す攻め方ですが、白2が眼形を築く手筋です。
AとBが見合いで黒の狙いが空振りしてしまいます。

「編集後記」
最近は寝落ちするとそのまま朝まで眠ってしまうので、年を取ったなぁと感じます。
体力をつけるために何かしら鍛えないといけないかもしれませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする