囲碁電王戦FINALー第3局

4月7日に日本・日本棋院で「囲碁電王戦FINAL」の第3戦目が行われた。(詳細はこちら)
序盤から積極的な打ち回しを見せ、DeepZenGoが終始主導権を握る内容となった。
総合成績は2勝1敗で勝ち越す結果となり、有終の美を飾れる結果を残した。
以下に今シリーズの結果をまとめたので参照ください。

【3月24日(土):第1局ー中国・北京】
△芈昱廷九段(中)ーDeepZenGo 黒番中押し勝ち

【4月1日(日):第2局ー韓国・ソウル】
朴廷桓九段(韓)ー△DeepZenGo 黒番中押し勝ち

【4月7日(土):第3局ー日本・日本棋院】
趙治勲九段(日)ー△DeepZenGo 黒番中押し勝ち

「DeepZenGo」は引退するが、「Zen」としての開発は続けていくという。
開発スピードが落ちる反面、縛りがなくなり自由に動けるようになったのは大きい。
他方面でのコラボや応用に力を注げば、少なからず資金面を緩和できるかもしれない。
当面は技術と資金の問題を解決しながら、Zenを強化する方法を模索する流れになりそうだ。
さて、対局を振り返っていきます。


【実戦譜:強烈な攻勢】
黒番はDeepZenGo、白番は趙治勲九段です。
白1から9は昔から打たれている定石進行の一つ。
黒Aと無難に受けるなら白Bと上辺を占められるので白悪くない展開となります。
しかし、DeepZenGoは人間では考えづらい積極策を仕掛けていきます。


黒10、12と強引に白を分断していくのが力強い石運びでした。
黒に左右の白を狙われており、白は両方シノぐのは容易ではありません。


白13と左上の脱出を図るのは当然の一手。
黒14は上辺の白を攻める意図もありますが、右上や右辺を黒陣にするのが本命です。
黒16に白Aと受けると上辺の白が重くなるため、黒Bと逃げられて白相当苦しい格好。


白17の反発に対し、黒18から20と堅実に受けるのが重厚な攻めでした。
将来的に黒AやBのワリ込みを狙えるので、見た目以上に上辺の黒はしぶとい格好です。
黒22まで、白の薄みを睨みながら左右の白の攻めを見て黒が流れを掴みつつあります。


白23、25と左上の脱出を最優先するところ。
黒26のノゾキは将来的に左上の白を攻める狙いを残す意図があります。
左辺の黒はAやBと補強する手立てがあり、見た目以上に強いのが黒の自慢です。
黒28と上辺の白を攻めながら右上の黒陣を固める流れを作り、黒好調な展開となった。


白29、31は黒の薄みを消してしまう悪手だが、上辺の眼形を築く上で仕方ない対処。
黒34は白にプレッシャーをかけながら右辺に黒模様を形成する柔軟な構想です。
続いて、白Aは黒Bの急所を突かれるのが厳しく、白の受け方が悩ましいところ。


白35、37は中央に進出しつつ、白Aの生きを残した苦心の一手。
しかし、黒38と急所を叩かれると右辺の黒陣がより大きく広がり白苦しい展開です。
上辺の黒は心許ないように見えて、黒Bなどの狙いがあり簡単には捕え切れません。


白39から上辺の黒をどの程度攻められるかが勝負所。
黒40に白41は自然な応手に見えたが、黒42のコスミツケが気づきづらい好手でした。
白は黒Aのワリ込みを防がざるを得ない格好ですが・・・。


白43と黒44の交換を打たせる状況に持ち込んだのがDeepZenGoの強さです。
白45で左上は繋がりましたが、黒46から48で左辺と上辺を補強されて白劣勢は明らか。
黒Aから眼を奪う手やBと右辺を黒地化する狙いがあり、黒の楽しみが多い局面です。
黒は白を厳しく攻めている一方、攻めの余得をしっかり回収しているのが印象的でした。
結果、黒中押し勝ち。


【参考図1:軽い打ち回し】
上辺の白を助けず、白2から4と左辺を早めに補強する方が良かったかもしれません。
黒も味良く取るのが難しいため、これなら白悪くない展開だった思えます。


黒5の攻めには白6、8と足早に右辺を占めて全局的なバランスは取れてそうです。
上辺の黒陣はAやBの味があるので、全てを黒地にするのは難しい場となっています。
白は穏やかな進行に持ち込み、コミの利く局面に導くのも有力そうでした。


【参考図2:攻防に利く】
白2と受けるのは黒3の急所を突かれて白苦しい格好です。
部分的には白4、6と頑張るのも可能ですが・・・。


黒7と出られても、白8と懐を広げれば取られる石ではありません。
しかし、黒9から11が左上の白を分断する強手があり、白窮しています。
▲が左辺の攻防に利いており、見た目以上に白深刻な局面となっていたのです。

「編集後記」
短手数の決着でしたが、水面下の戦いでは難しい変化が多く内容が濃いものでした。
今後もZenとして開発が続くそうなので、これからの動向に注目していきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. めこ より:

    もしお時間ありましたらLZがどれくらい強いか感想が知りたいです。
    http://zero.sjeng.org

    宜しくお願いします。

    • okao より:

      棋譜を確認しましたが、人間の域を超えた実力であるように感じます。ただし、LZに関しては公の場で人間と対決した棋譜がないので、公開されているEloRateがどれだけ信憑性があるかわかりません。少なくてもZenと互角以上の実力は有しているようです。
      ※最近は神の名前を冠した正体不明の囲碁AIがおり、それは見るからに強さが常軌を逸しています。CGOseverに棋譜があるので興味があれば見てみると面白いです。